2013年07月02日

「翠星のガルガンティア ♯13 翠の星の伝説」

そんな気はしてたんだ。チェインバーが自爆してストライカーを巻き添えに逝くっていう。

あの船団の統制計画はクーゲル中佐が立案したもので、ストライカーは彼亡き後も彼の意志にしたがって行動してきたという。
「繁栄だと安息だと! 皆貴様の奴隷にされてただけじゃないか!」
「ストライカーはプログラムの脆弱性を露呈した。パイロットが行動方針を誤ればシステムもまたあのような論理破綻に至ると推測される。遺憾な実例である」
「あいつを倒そう、チェインバー。それが俺たちの務めだ」

「てめえらみんな用済みだ、とっととここから出て行け!」
ピニオンは仲間を逃がして自分は残ると。
俺と兄貴の夢の城を守るようだ。

「パイロット抜きであの強さはなんだ?!」
クーゲル中佐の操縦技能を解析し、自立起動プログラムを最適化してる模様。
俺はどれほど空しくて空っぽなものを信じていたんだ。
ただ崇めて頼って従っていられる、大義さえあればいいと思っていた。
それが機械仕掛けの偽物でも、まるで見分けがつかなかった。
レドはパイロットの機械化融合を試みる。

「天の梯子」とは失われた古代兵器だった。
覚悟を決めたガルガンティアの盟主リジット。
鍵が刺され、兵器が目覚める。

エイミーがカイトでレドの元に「レド! 私たちがついてる、私たちが一緒に戦う!」とやってくる。
「あなたと離れてやっと分かった。どんなに辛くても、私はあなたの側にいたい。だから、帰ってきて! あなたが守ろうとしてくれた場所に。私たちのガルガンティアに!」
よくエイミーの声が届いたな(笑 チェインバーが音を拾ってるから?
その時、ガルガンティアから第一射が放たれる。
エイミーがカイトで座標位置を知らせているようだ。
第二射は敵船団の塔に直撃、大爆発!
このことでストライカーの優先排除目的がガルガンティアに!

ピニオンがラケージにさっさと展望台に上がれと急かされる。
登った先では「五秒後に飛び降りなさい」の命。
言われた通り飛び降りると、ロブスターがナイスキャッチ!
「アッモーレ!!」
ピニオンと一緒にいたリスはグレイスではないんですね。
別箇体のようで。
ガルガンティアから最後の一発。
命中。
「レド、こっちは終わったよ…」

「レド少尉は自らの死を要望するか」
「俺は死に方はわかっても、生き方がわからない。そんな俺のために一緒に生き方を探してくれる人がいた。もう一度、会いたかった。もっと声を聞きたかった」
ここで警告音。
「レド少尉の心理適正は兵士の条件を満たしていない。よって、現時点をもって、貴官の軍籍を剥奪する」
チェインバーはコックピットを強制的に射出する。
「この空と海の全てが貴方に可能性をもたらすだろう。生存せよ、探求せよ、その命に最大の成果を期待する」
チェインバーはストライカーの排除の為、向かって行く。
ストライカーになんと言われようとも、チェインバーは「貴官の最後通告に返信する。くだばれ、ブリキ野郎!」ストライカーに取り憑き、腹部のビーム砲を発射する。ストライカーの爆発に誘爆されてチェインバーもろとも二機は海の藻屑と散る。

「チェインバー……」
相棒を失ったレドが、涙を零す。
上空をカイトが舞う……

後日談。
探検家になったレドは記録メディアの回収に忙しいようだ。
クジライカに対して、以前のような絶対殲滅!みたいな考えはなくなったらしく、いずれコミュニケーションもとれるかもしれないという。
帰ってきたレドをお迎えに行くエイミー。レドもいそいそと走ってエイミーの元へ。
海底に沈むチェインバーの体躯にクジライカが生息している…
おしまい。

これからレドはエイミーと一緒に生きていくんでしょうねぇ。
お話としては、ガルガンティアを離れてクジライカの巣へ行くという分岐点が、私としては残念でした。あの辺から話の方向性が真逆になって、ヒロインとの絡みもなくなってしまい、つまらなくなってしまいした。
過去の話、ヒディアーズの始祖を知るには必要だったのかも知れませんが、もっと別の話だったら良かったのにと思います。
チェインバーもガルガンティアとの接触で変わったのでしょうね。妙に人間臭くなっちゃって。レドとの相棒っぷりが良かったです。自爆という最後は悲しいですが、あれしか上位機種のストライカーをやっつける手段はやっぱり無かったでしょうし。

posted by 松風久遠 at 17:31| Comment(0) | TrackBack(5) | 翠星のガルガンティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

「翠星のガルガンティア ♯12 決断のとき」

武器庫へ連れて行かれるピニオン。
そこには聖なる遺物の山が。
武装強化になるもの以外は好きにしていいと言われる。
ラケージがピニオンに本音を吐く。
「私、この船団のやり口にほとほと嫌気がさしておりましてね。海賊科稼業に戻ります」

「中佐、ガルガンティアへの攻撃を中止して頂けませんか?」
ストライカーの鎮座する広間にやって来るレドだったが。
「戦線に復帰できないのなら、この地球を俺たちの理想郷、第二のアバロンとする」
クーゲルに丸め込まれてしまう。

アバロンのことを思い返していると、足下にリスがすり寄ってくる。
「グレイス?!」
グレイスはガルガンティアに、エミリーと一緒にいるんだ…
ほんとにグレイスじゃないのか?

メルティーの届けた手紙に隠してメモを渡されていたピニオンが、フランジの元へやって来る。
このままでは私たちの船団員も、ここの住人のようにされてしまう。
それでいいのか?
「反乱を企てている奴がいる」
大海賊のラケージの名を出すと、色めきだつ二人。
だが、ラケージはレドを当てにしているのだ。レドが首を縦に振るわけがない。

雨。レドはガルガンティアでの生活を思い起こしていた。
すると、グレイスがどこぞへと走って行って仕舞う。それを追うレド。
人々が天に向かって手を掲げ、声を上げている。
何かの儀式のようだ。
そこへ、白い服に足と腕を拘束された人々が運ばれてくる。
フードを被せられ、椅子が逆回転する。
「彼らは神のもとへと赴く。至上のの感謝を捧ぐべく、聖者の為に死す」
椅子が反転し、人々が海に落とされる。まるで人形のように。
「俺はこんなものを見る為にここへ来たんじゃない」

「イカれてやがる」
ピニオンも胸くそ悪そうに吐き捨てていた。
「ええ、そうですわ。このイカれた船団が次に向かおうとしているのは、ガルガンティア」
「やっぱこいつら無理だわ!」
吹っ切れたようにゴーグルを取り去るピニオン。
前髪が下りております。その方がカッコいい。
額の印も雨で濡れ落ちました。

着々と進む戦闘準備。

「みんなをヒディアーズから守ろうと俺はここへ来た。エイミーをベベルを、あの人々を守るために俺は…」
何かを決意したかのようにきっと前を見るレド。
チェインバーにおまえとストライカーの戦力比は、と問うが、データの不足により算出不能との答え。
戦えるかの問いには可能である、と。
俺は中佐と戦えるかの問いには、当機の機能を越える、と。
「俺は本当に何かを選ぶことを一度もしたことが無いのかも知れない」
銀河同盟で盲目的にヒディアーズを殺すことに専念してきた人生。
弱い者は切り捨てられ、強い者だけが生き残る。
雨の日の儀式はまさしく銀河同盟の思想の縮図だった。
レドはガルガンティアで過ごした時に得た経験によって、銀河同盟の思想は決して最上のものではないということに気付いたんだろうな。

メルティーはレドにガルガンティアへの書簡の配達を依頼されていた。
「今、ガルガンティアまで飛べるのは君しかいない」
の殺し文句で決意するメルティーであった。
夜明け前、ガルガンティアを目視したメルティーは、気が抜けて気絶、カイトごと海へ落ちていく。
寸でのところでそれを助けたのはエイミーだった。

「ガルガンティアを守るにはメルティーの知らせてくれた通り、進路を変えて避難するしかないと…」
リジットが言うと、エイミーが飛び込んでくる。
「レドは私たちを逃がして自分は戦うつもりなんだって!」
「なのに私たちは逃げ出して、それでいいの?」
うなだれる大人たち。
「彼が選んだのなら、我々も選ばねばなるまい」
先生が言う。
「リジット、あの鍵を使うときが来たようだ」
「天の梯子…」
今がその時だ、エイミー君にも力を貸してほしい、と。

「我に従えただそれのみ不滅の幸福へと至る道」
ストライカーが戦闘態勢に…!
そこにチェインバーが現れる。
なにをふざけた真似をしている、とクーゲルに言われるが、逆にふざけているのは貴方ですと返す。
「この星にはここで生きる人たちが築いた世界がある。それを壊していい訳がない!」
攻撃を開始するストライカー。
ストライカーとチェインバーの戦闘が始まる。
「レド、この星に新たな秩序をもたらすことは、我々の使命だ」
そこへ船上から支援が。ピニオンが過去の遺物でビーム攻撃をしかけたのだ。
反乱が始まる!
「あーら、はしたなくって御免遊ばせ!」
ラケージも攻撃を始める。
フランジの船団も攻撃開始。
ピニオンの一撃を突破口に、チェインバーが攻勢をかける。
「ジェネレーター出力最大!」
塔にストライカーを押しつぶす。
「なぁ、レド。俺とこの星を変えてみないか?」
どこかで聞いた科白。
レドはストライカーのコックピットを緊急解除する。
「おまえがいると助かる」
開くコックピット。
クーゲル中佐は……既に死んでいた。
外気に触れることで腐食が進行し、もろくも崩れ去るクーゲルの遺体。
「姿勢制御システム再起動」
動き出すストライカー。
落ちるレドをチェインバーが救う。
ストライカーが言う。
「レド少尉、貴官の抵抗は無意味である」

全てはストライカーの仕業だった。
多くの人が予想していた通り、クーゲルは死んでいました。
未開発の星に降り立った場合、その状況でより良い環境を作り上げるようにプログラムされていたんでしょうか。クーゲルのサンプルを駆使して偶像まで作り上げて。
レドにはちゃんと甘い囁きまでしといてね。
おそるべし、ストライカー。


posted by 松風久遠 at 17:27| Comment(0) | TrackBack(7) | 翠星のガルガンティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

「翠星のガルガンティア ♯11 恐怖の覇王」

青い空、白い雲!
ああ、これこそがガルガンティアだ。
「元気出たみたいね」
リジットに言われたエイミーは。
「いつまでも落ち込んでられないから」
と気丈に振る舞います。
フランジたちは霧の海に逗留しているみたい銀河道がそっちへ回っているから近くを通るとのこと。
リジットはもうバレッタで髪をまとめるのやめたんだね。それが船団長になった印なのかな。

霧の海。もやもやしていて湿気ムンムンでイヤだなぁ。
いきなり現れた謎の船団に、驚きを隠せないフランジ。急いで対策をとる。
レドにはクーゲル中佐から通信が入っていた。
こちらも驚きを隠せない様子。
クーゲルが小野友樹ー!
「おまえの救難信号は拾っていたんだが、何せこの☆の裏側にいたんでな」
って、それでも連絡ぐらいくれても良かったんじゃあ?
「通信管制の必要があった」
何で?
「レド少尉、クーゲル隊に帰還します」

謎の船団出現に浮き足立つピニオンたち。
例のサルベージした武器で威嚇射撃することに。
すると相手からも攻撃。円筒が焼き切られて海に落ちます。
ひょえ〜。
レドとチェインバーも銀河同盟軍の指揮下に戻るといって行ってしまう。
ピニオン、ピーンチ!

人文字でマークを作っている人々。
一様に額にそのマークを刻み、フード姿で不気味である。
何かの新興宗教?
「現地住民を指揮下に置いているのか?」
クーゲル中佐の元に案内されるレド。
祭り上げられているようなマシンキャリバー・ストライカー。

案内された部屋で、椅子に座った途端、目の前にクーゲル中佐の姿が。
だが、それは映像だった。
風土病にかかり、滅菌状態のコックピットから出られないという。
「どうだ、また俺についてきてくれるか?」
「もちろんです、中佐!」
そんな軽々しく返答していいのか?
チェインバーからストライカーへ風土病の情報提供が求められる。受諾される。

「もめてる場合か」
ピニオンたちのもとにフランジがやって来る。
「全員持ち場に戻れ」
さっさと行ってしまう仲間たち。
レドの仲間が何をどうしようというのか、不透明な状況に訝るフランジのもとに通信が。
代表としてピニオンを招聘したいと。
君に外交交渉は任せられないというフランジに、あんたがいなくなったら誰が船団をまとめるんだと返すピニオン。
向こうから船が迎えにやって来る。
やって来たのは爆乳ラケージ! 大海賊らしい。
「弱者は強者につくす、それこそが神の定めた摂理、だそうですよ」
上陸した船団はどこか陰湿で、湿気った場所だった。
ストライカーを雷の巨人、聖なる審判を下す神の御使い。

レドはクーゲル中佐の話を聞いていた。
恵まれた環境にありながら、ヒディアーズに圧倒され恐れている。我々の使命は彼らに戦い方を教え、人類の尊厳を啓蒙することだ。
「ヒディアーズは人間なのであります!」
思い切って告白したレドだったが、
「元、人間だろ」
クーゲル中佐からは驚きの返答が…!
上層部では暗黙の了解だったという。
ヒディアーズはただ欲望のままに生き、繁殖するだけ。あれを人間とは呼べない。
「俺はこの船団に秩序を与えた。結果現支配体制において船団構成員の幸福度は大幅に向上した」
幸福は統率の安定度に比例する。
「そう、なのか…?」
レドは戸惑いを隠せない。
「なぁ、レド。俺とこの星を変えてみないか」

一方、部屋に通されたピニオンは机の上に、キューブがあるのを発見する。
工具を使っていじっていくと、それはピニオンの技術力を図るテストだったことがわかる。
現れるストライカーの映像。
発掘された機械の応急処置しか出来ていないと指摘する。
「当方はその昔の機械の仕組みに関する情報を提供する用意がある」
「貴君への最終要求は技術将校としての統率力である」
船団の無事を条件に要求を呑むピニオン。
食事を持ってくる船団の人々。
食べる前に一仕事させられる。
船団への放送。
「体のいい降伏勧告だ」
フランジがつぶやく。
各船は用途に応じて別々に接収されるという。
「摂理に従う者に祝福をしかして摂理に背く者には神の鉄槌を」
向けられる銃口。
大人しく要求をのむフランジだった。

このストライカーの船団はどうやら社会主義らしい。

チェインバー内で健康診断を受けるレド。
問題なし。
「中佐はずっとこの狭い空間から大船団の指揮をとっていたのか。俺には真似できん…」
チェインバーは姿を見せないことで逆に畏怖を与え、結果として強い統率力を生んでいるのだと。
「そうやって恐怖を与えるのはいいことなのか…?」

覚醒プロセスを経て起きるレド。
すぐにクーゲル中佐から通信が。
おまえの力を借りたいという。
「この星の住人に対する啓蒙活動の方だ」
マシンキャリバーが二体になったことでより大規模な啓蒙作戦を実行する。
「対象はこれだ」
そこにはガルガンティアの船団が映し出されていた。






posted by 松風久遠 at 17:46| Comment(0) | TrackBack(4) | 翠星のガルガンティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

「翠星のガルガンティア ♯10 野望の島」

感想のかきづらい回だなぁ…
チェインバーがクジライカを殲滅したと帰還して、本格的にサルベージが開始される。
意気揚々としたピニオンに対して、意気消沈なレド。
自分が殺してきたのが人間だと知ってフラフラと足下も心元ない。
回想してやっぱり嘔吐するw

「兄貴、一緒に飲みたかったぜ…」
あねき、に聞こえたのは私だけだろうか。
酒をあおっているピニオン。

「お宝は自分たちのもの近づいた船は容赦なく沈める」と放送するピニオン。
フランジの言うことも聞かない。

行く手を阻むものをチェインバーでどかしてほしいと頼みに来たピニオンに、
怖じ気づいたのか、と言われて激高するレド。
もうクジライカを殺したくないのかも知れない。
殺せないかも?

ベベルの健康診断。
裾をまくって胸まで見えたけど、そんなにやせてはいない。
顔色もいいし、本当に病気なのか?
身体が弱いだけ?

海賊船が攻撃をしかけてきた。
修理の終わった過去遺物で攻撃してみる。白旗。
船団をデカくすることに得を思いつくピニオン。海賊を仲間に引き入れる。

ピニオンに宴会場へつれていかれるレドとチェインバー。
宴会の喧噪の中でレドは呟く。「俺はなにをやってるんだ…」

ピニオンたちの引き上げた古代遺物は明らかにオーバーテクノロジーだよね。
この世界に持ち込んでいいのかな。
クジライカの呪縛から逃れられないレド。
「同じ人類が殺し合っているんだ。それが俺たちの戦争の正体なんだ!」
「同盟のお題目はもうたくさんだ!」
涙を零すレド。

友軍機からの信号をキャッチ。
「クーゲル中佐…」
こんなところにお仲間が。
レドのように宇宙から飛ばされてきた機体がまだいたのか。
次回から面白くなりそう。

posted by 松風久遠 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(2) | 翠星のガルガンティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

「翠星のガルガンティア ♯8離別」

ブルーレイBOXを買うかどうか本気で悩み中。
1クールしかないのに買うかな〜。でも初回特典が気になるな〜
どうしよう。

今回はレドの出番が少ない〜〜〜〜!!
もっと声が聴きたいよぉ。

アバンタイトル。
船団長がいまわの際にリジットに鍵を託して死亡。
何の鍵かな?

地球の位置座標を確認するチェインバー。
本体へ帰還は事実上不可能と断定される。
「帰れない…」ショックを受けるレド。

ピニオンと交渉成立。
レドはクジライカを殺す、ピニオンは巣の奥にあるお宝を手に入れる。
お互いの利益が合致したわけですな。

フランジという人の船に便乗する船がたくさんいる模様。
船団がバラバラになっちゃうのかな。

一日かがりで粛々と進むフェアロック船団長の葬式。
棺には花ではなく砂が入れられていく。

サーヤにフランジさんの船に乗っちゃいなよと囁かれるエイミー。
レドの事が気になってるのを見透かされてます。
「まだ始まってもいないよ」
ベベルもいるし私はここに残んなきゃ…バイ・エイミー。

次々解除されていく連結。
リジットため息。そこへベローズがやってくる。
励まされるリジット。

家に帰って夕飯の支度を始めるエイミーにベベルがレドの話を振ります。
それ、地雷なのに。
「折角仲良くなれたと思ってたのに…」

武器のお手入れ中のレドの元へベベルがやってくる。
本当に行っちゃうんだね。
ああ、行く。
オカリナの一つをベベルに持っていてほしいと渡すレド。
ヒディアーズが人類の生存領域を圧迫するようになれば、地球もいつかクジライカと衝突する時が来ると。
そうなればベベルも生きていけない。そんな目にエイミーを合わせたくない。
あらら、レドもエイミーを憎からず思ってるってこと?

夜明け前、リジットがさあ、これから出棺だという所へ「待って下さい」とやって来る。
「私は無力です。皆さんの力を貸して下さい」と頭を下げるが…
やがて上がる賛同の声。

レドが別れの挨拶にエイミーの家を訪ねる。
ベベルがオカリナを預かってるだけだから、いつでも戻ってきてというが、レドは分かったとは言わなかった。
「翠の波の恵みあらんことを」

サブタイトルの「離別」はガルガンティアを離れてく船と、エイミーとレドの別れを掛けてたんですね。

クジライカの巣へ行って、クジライカを殲滅出来たとして、その時レドはどうするんだろう。
世界中のクジライカを殺しに旅に出るのかな。
さて、これからどうなることやら。


posted by 松風久遠 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(5) | 翠星のガルガンティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。