2013年08月01日

「犬とハサミは使いよう ♯5 虎穴に入らずんば犬を得ず」


円香は和人に発信器をつけていた。
いつの間に、どこに?!
秋山忍の部屋だとは知らずにやってきたようだけど、夏野が自ら秋山忍だと名乗っちゃった。
円香が背負ってる白い物体は何なのかな〜。
本を読むことを諦めて死んじゃうような和兄じゃないもんね、という目がイッてます。
「現実を見なさい、晴海円香」
今のあなたがやっていること、あなたの兄は喜ぶかしら?
「誰に忘れられても、只一人のために書き続けてみせる!」
「受け止めた、おまえの思いは」
「私の読者は、晴海和人は、今の貴方を許さない!」
「言われなくたってわかってる!」
円香は和人を抱えたまま、夜空の街へダイブ。
パラシュートでも開くんかと思ったけど、それもなし。どうやって着地したんだろ。

犬語は理解出来ても、それが和兄だとは確信がなかった模様の円香。
「よくここがわかったね」
現れる夏野。夏野も和人に発信器をつけていたw
円香が背負っていたのはマグロイーターだった。
戦隊ものばりの武器。どこが包丁だよ。
貯めたお年玉で通販で買ったんだと。ずっとそれで料理を作ってきた?
対する夏野のハサミはハサジロウ。一体どんなネーミングセンス。
「いざ尋常に勝負!」
戦いが始まった。いつからこのアニメはアクションものに?!
円香のマグロイーター、ジェノサイドモードに。
チェーンソーが公園の木を次々ぶった切っていく!
「和兄は死んだ。もう私の側にはいない…」
マグロイーター、デストロイモード!
大砲になった。
撃った。
夏野、砲弾をハサミで受け止め、そして真っ二つに切り裂いた。
力尽きてその場に座り込む円香。

帰り道、すっかり打ち解けた夏野と円香。
どこがどうなってんのかわかりませんが。
円香は東京の高校へ進学するつもりのようだ。下見も兼ねてやって来たらしい。
これが戦い終わって芽生える友情ってやつか。と納得する和人。
円香は通り魔事件の犯人ではなかったことが判明。

犯人は柊編集者だった。
和人の声も聞こえているらしい。
和人たちの得た情報は柊が捏造したものだった。
町の人に噂をばらまき、サラリーマンを仕込み、アフロを襲い、秋山忍の本を切り刻む女の子の噂を聞きつけて利用した。
強盗事件が解決したあと、夏野が色欲を書き始めたという会話を聞いていたのだ。
すべては秋山先生の為、早くスランプから抜け出して貰う為。
「作家が読者を信じるって言ってるんだ、読者も作家を信じろ!」
先生が他人のためにあそこまで感情的になるのを初めて見ました、
「あなたが死んだら、先生はどんな本を書くのでしょうね」
と刃物を和人の前に放つ柊。
冗談ですよ、と刃物を仕舞って帰ろうとする柊だったが、
「待ちなさい!」
夏野がエントランスの屋根の上に。
「全ての黒幕はあなただったのね」
「はい、全て私がやりました!」
スランプの一つや二つ、自分で乗り越えてみせるという夏野。
「ていうか、もう乗り越えちゃったし」
と、原稿を空にばらまく。
座ったままの体勢で原稿を集めさせられる、どM編集社、柊。喜々として原稿を集め回るのだった。
この変態が起こした事件とは関係なく、スランプは脱したという。
「色欲は? 色欲書けてねーんなら意味ないじゃん、このど貧乳」
和人のセクシーボイスが月夜に響くのだった。

「色々とありがとうございました。これからもよろしくお願い致します」
笑顔で帰ってく円香を見送った二人は、柊から本物の通り魔は自分が始末しておいたことを聞く。
ボキとしてボキっとしてブシャーってなったんで、折りたたんで路地裏のポリバケツにポイしておきました、だそう。
和人たちが捜査を始めてた時点で、犯人は成敗されていたのであった。


posted by 松風久遠 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(2) | 犬とハサミは使いよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

「犬とハサミは使いよう ♯4 溺れる者は犬をも掴む」


夏野は犯人らしき人物を取り逃していた。

一方和人は、妹の円香に監禁され、怪しげなカレーを食わされる羽目に。
しかし、犬の姿の兄を兄と分かったり、犬語を理解したり、少し様子がおかしい。
妄想が暴走しております。
ふくしん漬けを買いに行っている間に、和人は夏野に救いだされる。

犯人が大罪シリーズの暴食を落として逃げたことや、罠に秋山忍の本を使ったことから、夏野は円香が怪しいと見るが……

翌日、住谷荘に円香の姿はなく、犯人捜しに街へ出る夏野と和人。
そこへ柊がやってきて、夏野に罵倒されまくって気持ち良くなる。このどM編集者がッ!
「そういえば、公園で女の子が泣きながら先生の本を切り刻んでいたっていう噂、お聞きになりました?」

公園へ行くと秋山忍の大罪シリーズ憤怒が切り刻まれた後があった。
そこへ現れる円香。
秋山忍の本は全部もやしてやったと思っていたのにと、夏野と戦闘態勢に。
それを和人が身を挺して収める。
最後は煙幕でドロン。

通り魔事件の犯人が円香である可能性もある、と夏野。
秋山忍の本が関係しているのも、円香が秋山忍を恨んでいるからかも知れないと。
大好きな兄が他人の話ばかりするのは面白くなかったろう。
兄が東京に残ったのも、兄が死んだのも全部秋山忍のせい、としまい込んでいた恨みの念が出てきたのかも知れない。
秋山忍を滅ぼせば兄が帰ってくるかもしれないと、そんな祈りみたいな妄想に囚われていたのかも知れない。
もしも円香が犯人だったとき、止めるのは自分の役目だと和人。そのために夏野の力を借りたいという。
そんな時、窓から円香が乱入、和人を捕まえて「み〜つ〜け〜た〜よ〜和兄」。
ここ、何階だと思ってんの?!
超高層ビルだぞ、どうやって進入したんだ!

このアニメ、一体どこへ向かってるの? どこへ行きたいの?

posted by 松風久遠 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 犬とハサミは使いよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

「犬とハサミは使いよう ♯3 飛んで火に入る冬の犬」


朝、妹の円香に起こされる和人。
すると夏野が現れて…二段夢オチでしたとさ。
「夢か、夢の中まで現れるとは恐るべしシザーウーマン」
「円香、元気にしてるかな……」

「誰」
座卓で誰かが突っ伏している。
夏野の担当編集者、柊鈴菜だ。
和人のことを「魔界一邪心といわれたゼルゲノム様」と呼んでいる。
妄想癖があるらしい。
和人の言葉は通じてない。
書林社といえば大罪シリーズを出しているところ。
作家と編集者の打ち合わせを目の前にして、興奮する和人。
「秋山忍はスランプ中」らしい。
夏野に切られて喜ぶ柊。どMのようだ。
妄想癖の上にどMかよ、と和人に突っ込まれた所で「今日の所はこれで失礼します」。
この辺りで通り魔騒ぎが起きているらしいと言い残して帰る。
早速新聞で確かめる和人。確かに事件は起こっているらしい。
「いつからスランプなんだ?」
「八月の中頃からかしら」
「三ヶ月前…それって俺が…」
「ん〜成る程、八月の中頃といったら貴方がここに来た頃よね。ということは。見つけた、スランプの原因」
和人はシチューの具に!
はなっていませんでした。背中をハート型に切り裂かれただけで済みました。

柊がまたやってきて、原稿の催促をするが、どういうわけか私を罵倒して下さいという始末。
通り魔事件は今まで、女子高生、OL、サラリーマンが襲われているらしい。
唐突に、通り魔犯を捕まえにいくという夏野。
お姉ちゃんにはなにも教えて貰えなかったらしい。

書店で聞き込み。
秋山忍の本で犯人を追っ払った女の子がいたとか、その次に被害にあったOLさんは家で秋山忍の本を買った後に襲われたらしいとか。
次は通りかかったサラリーマンに聞き込み。襲われたのは自分の同僚で、秋山忍の本を喫茶店で読んだ帰りだったという。

マッチョマンの集団に出くわすが、夏野はスルー。
また、無駄に輝く少女に出くわすが、これもスルー。
「シャイニング! 太陽よりも輝いてる私!」
少女が秋月マキシであることに気が付く和人。
シャイニング・ビューティー、秋月マキシ。作家デビューと同時にアイドルとしても活動開始、若者に絶大な人気を誇る、カリスマ・アイドル作家。
「最近つきまとわれちゃって。どうやって私の素性を知ったんだか」
乳対決に持ち込まれるが、マキシの時間の都合で勝負はどっちつかずで終わる。
「だから仕事の合間に逃げ出すなといっているだろう」
この対決はあまりにしょーもないので割愛させて頂きました。

事件のまとめをしているところへ、悲鳴が。
アフロが襲われた! 髪を切られただけどいうが…
夏野は怪しい人影を見つけ、追い掛ける。
和人は何故か路地の奥が気になって…「気になる、なんの気配だ…」
秋山忍の「怠惰」を餌にあまりにも原始的な罠が。
あっさりかかる和人。頭も犬並みになってしまったのか。

円香の夢を見る和人。
秋山忍の大罪シリースを読み終えた、と。
どこが良かった? と興奮する和人。
目が覚めると、そこは見知らぬ天井ではなく、見知った天井。住谷荘だった。
おまけにまた、簀巻きにされている。
すると、奥から人が出てきて、
「おっはよう。やっと会えたね、和兄」
円香だった。

三ヶ月って結構作中では時間が経ってるんですね。
通り魔の正体も気になりますが、円香に和人の言葉が通じるのかどうかも気になります。


posted by 松風久遠 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬とハサミは使いよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

「犬とハサミは使いよう ♯2 犬は熱いうちに打て」


首輪をつけてみないかと夏野に言われる和人だったが、いやがる。やめろ俺は犬じゃない、犬だけど。
「地球が静止するのも世界が大海賊時代に突入するのも、全部俺のせいですよ」
前回の続きからじゃないのね。

夏野が住んでいたマンションは超高層マンションだった。
やっぱり首輪とリードは付けたほうがいいと思う。
途中、キラキラ無駄に輝く少女と出会うが、夏野は無視。

住谷荘。やっと前回の続きですね。
101号室が管理人である和人の部屋。102号室は空き部屋で本置き場。
表向き、102号室に住んでいることになっている和人だったので、警察も調べたのは102号室だけ、親が荷物を引き取りにきたのも102号室だけ。
101号室は手つかずである。こうして射殺犯は安全な隠れ家を手に入れた。という訳。

隣のドアが開いて、現れた射殺犯。逃げる相手を夏野たちは追い掛ける。
歩道橋で射殺犯を追い詰めるが、まだ捕まる訳にはいかないと豪語する射殺犯と夏野の格闘戦になる。
男は秋山忍の大罪シリーズを装備しており、「色欲」を読むまでは捕まる訳にはいかないと。
「秋山忍が、本が、あの男を変えたんだ…!」
持ち前のハサミで次々男の本を切り落としていく夏野。
最後は足蹴りで男を仕留める。
歩道橋の欄干に乗り上げた男を「犬のやることだもの、罪にはならない」と、突き落とすことを提案する夏野だったが、和人は欄干から男を引きずりおろした。
「こいつを殺したって、人間に戻れる訳じゃないし、第一それをやったらそれこそお仕舞いだ」
「あなたを殺したそいつをあなたが助けた私が殺す!」
「原因を作ったのは私、私のせいで死んだようなものだもの」
夏野はずっと自分を責めていたのだ。自分をかばって死んでしまった和人のことを、思い悩んでいたのだ。
それは違う、と和人は言うが、夏野はあの時私が本さえ書いていなければ、と自分を責め続ける。
そんな夏野にわからずや! と体当たりする和人。精一杯の反抗。
「俺は俺の思いに従っただけだ。誰のせいでもねぇ。おまえだってきっと俺と同じ事をしたはずだ!」
「あなたに私の何が分かるって言うの」
「俺はずっとおまえの本を読んできたから。おまえが命がけで書いてきた本を、俺は命がけで読んで来たから、おまえのことは全部わかる!」
いつのまにか泣いていた夏野。
「だから、もう泣くのはよせ」

夏野、ツンデレだったんですね…


posted by 松風久遠 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(2) | 犬とハサミは使いよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。