2013年05月24日

革命機ヴァルヴレイヴ「♯7 瓦礫の下のハルト」

第三銀河帝国歴214年ていつ?
戦ってたのは流木野?

またでた幼なじみの知ってるトリビア。

乗ったら人間じゃなくなるってのは周知の事実らしい。

エルエルフがクーデターに出た。
たった一人で何が出来るっていうんだ。学校乗っ取りなんて普通出来ないと思うんですけど。

噛みつき=神憑き?
ハルトはただのヘタレですよ、眼鏡さん。

アードライ登場。不死身なのをいいことにハルト撃ちまくられる。扱いが雑い。
おまえの目をえぐった俺を。
ってえぐってないじゃん。
裏切り上等って、エルエルフは自国へ帰るつもりがないらしい。
ハルトが俺の右腕なんだってさ。

クーフィア乱入。重火器を撃ちまくる。
アードライはエルエルフにご執心。裏切られても尚、信じたいらしい。

カーミラ出撃。捕獲用電磁吸着ブーメランに足止め食らって、役に立たず。
何やってんだよ流木野。

足に鉄骨が落ちて潰されてる主人公。
いくら不死身でも痛みくらいはあるだろうに。ちょっと同情。
そこでエルエルフが提案「俺の身体を使え」ヴァンパイア能力に賭ける作戦。
どうせ噛みつくなら腕じゃくて首筋にして欲しいなぁ。

で、エルエルフになってもヴァルヴレイヴは起動してしまいました。
誰でも乗れるんだな、本当に! 主人公形無しだな!
エルエルフのメモに従って戦闘するハルト。ご丁寧にアドバイスを達筆な日本語で残しているエルエルフって一体。どうしたいんでしょう。この人。
それにしても一番の盛り上がりの時に他人に入れ替わってるバアイか主人公。おいしいのはエルエルフだぞ。あと木村良平がだ。

眼鏡っこ死亡。やたら主人公にかかわるから…お触りも過ぎたな。

写真の幼女を見て泣き始めるエルエルフ。あれは身体が覚えている記憶が泣かしたと思われる。

エンディングがかわっとるーー!
アンジェラの「僕じゃない」好きだったのにぃ。

今回は全然面白くなかったな。
この調子だと2クールやるんだろうな。はぁ。



posted by 松風久遠 at 16:47| Comment(1) | TrackBack(4) | ヴァルヴレイヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

革命機ヴァルヴレイヴ

期待してましたよ、ええ、期待大でした。
それがこの裏切り。

訳、わからん!!

高校が独立国家になったり、その高校の地下にロボットが格納されていたりするのはまた許す。
でも、最弱ヘタレ主人公や、脇役のくせに「有名になりたいの」とかいってロボットに乗れちゃうのは許せない。
死んだと思った彼女が生きてても、告白しない主人公。
刺されて銃で撃たれても死なない主人公の説明もない。
噛みついた相手と身体が入れ替わる理由も説明がないまま話はすすむ。
そして何故そのことを流木野が知っているのかも謎。
ロボットってあんなに簡単に操縦できるモン? 主人公にだけ許される特権じゃないのか?
「主人公しか乗れない」というアドバンテージが台無し。なんてヘタレなんだ!!
エルエルフの逃亡の仕方も納得がいかない。あの体勢からパイプ椅子のネジ外して、蛍光灯に当てて割るなんて芸当、無理ありすぎでしょ。
当然、逃げたからにはやらかしてくれると思いきや、こそこそ隠れて様子伺ってるだけって…!
もう、何もかもが腹立つ!
声優だけは豪華だけどな!
何が世界に殺されるだ。子役時代の失敗を引きずって生きてるだけの、ちょっとおかしな女の子じゃないか。
オーディエンスがあったくらいであんなに反撃に出られるもんかね。
見られると興奮する性癖の持ち主らしいな。
 
次はエルエルフに裏切られたと勘違いしている福山キャラの潜入捜査が入る模様。
誤解は解けるのか? それともほっぽらかし?
後者に一票。
私を登録 by BlogPeople

posted by 松風久遠 at 16:21| Comment(0) | TrackBack(2) | ヴァルヴレイヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。