2014年07月23日

もす。


9月3日に発売の小野大輔の3780円もする書籍のタイトルが「もす。」
声優グランプリで連載されていた過去6年分のアーカイブを完全収録。
撮り下ろしグラビア、超ロングインタビュー。
何かもう、声優という枠を越えてアイドル並だなと思う。
3780円って高すぎじゃないか? 買う人いるのか? いるんだろうな…
ジョジョの奇妙な冒険のラジオを聞くにつけ、楽しい人なんだろうなぁ、とは思いますが。
タイトルの「もす。」ってなんなんだろう?
声は好きだけど、その人となりまで知りたいとはあまり思わないですけど、今の声優界は売り出し方がアイドルと一緒なんだろうなとも思います。影の存在から太陽の下へ躍り出る声優。ラジオをやって、歌も歌って、グラビアもやって、表の世界で大活躍、と。
時代は変わったのね……

posted by 松風久遠 at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。