2013年12月27日

「革命機ヴァルヴレイヴ ♯24 未来への革命」


アバンタイトルはなし。
さて、どう料理しようか。


総統が化け物だったことが全国放送され、ドルシア軍が引いていく。
世界は混乱を極める。
アルスの動向次第。
ドルシアは内乱状態になる。
一発逆転、乾坤一擲、俺たち勝ったんだよな、山田君。
その山田君はもういない。

ライゾウに涙の報告をするアキラの元へ、カイン大佐の二号機が襲いかかる。
そのせいでハッキングが中断され、放送も遮断されてしまう。
二号機と交戦状態になる六号機だったが、力の差は歴然としていた。
そこへ、ハルトが一号機で助けに入る。

「たった今入った情報によりますと、先ほどの映像は危険生物7号による改変映像とのことです」
テレビでアナウンサーが言う。
情報操作して難をのりきろうというマギウスたちの陰謀だった。
評議会は世界に影響力を持つ人物で構成されている。
今までどれだけの事件事故を操作したと思っている?

ルーンを自在に操るカインの二号機は手強い。
ハルトは苦戦を強いられる。
そこへ、イクスアインがハーノインの仇討ちに割って入ってくる。
アードライも共に来ていたが、その前にはクーフィアが立ちふさがる。
ハルトも二号機との戦闘に加わるが、記憶がどんどん失われていく。
そして、二号機の攻撃によって、モジュール77へ叩き落とされるのだった。

「許さない。おまえはハーノと、私の心を裏切ったんだ!」
二号機に取り付くイクスアイン。
ゼロ距離で差し違えてでも…と主砲を発射するイクスアインだったが、二号機は左腕に損傷を受けただけで、自らは大破して海に落ちる。水没してそしてイクスアイン死亡。

ヘルメットを取って頭を抱えてる所に、エルエルフがやって来る。
「時縞ハルト、昨日今日戦闘訓練を積んだおまえでは、カインには勝てない」
コックピットを開けるハルト。
「それでも、戦わなくちゃいけないんだ」
「だから、俺も一緒に戦う」
ジャックして戦うことを提案するエルエルフ。
エルエルフに噛みついて、ジャック完了。
カインに戦闘技術をたたき込まれたエルエルフの身体で戦いに挑むハルト。
動きの違いに、エルエルフだと気づくカイン。
木村良平の逢坂良太の物真似が上手くて笑える。

モジュール77を月から離しながら、独白する流木野。
記憶が消えるって聞いてちょっとだけ期待した。
幼なじみという最強の間柄のハルトとショーコの関係と、同等になれるのではないかと。
ハルトがショーコさんを選ぶってわかってる。でも私、諦めないことにしたんだ。
そしてクーフィアが四号機を狙ってやって来る。
追ってくるアードライ。
クーフィアと主砲の撃ち合いになる。
アードライは盾で防いだが、ライゾウにやられて右手が破損していたクーフィアは、まともに食らってしまう。
さらけだされるコックピット。
クーフィア死亡。

百一人評議会を正義の味方だとうそぶくカイン。
戦いを仕掛けてきたのは人間の方で、共存を望んだマギウスを、人間たちは恐れ、攻撃してきた。
だから我々は長い時間をかけて世界の有力者と取引してきた。
マギウスは人間を恐怖させないように隠れて生きる。
その代わり、我々が一定数の人間を捕食することを黙認する評議会のシステムがあったからこそ人間は恐怖と混乱から守られてきたのだ。
つまり、世界の秩序を脅かしているのは、君たちとそのヴァルヴレイヴだ。

「私たち、これで良かったのかな」
戸惑うイオリたちの所へ、負傷した身体をおしてリオン先生がやって来て言う。
「確かめてみようよ。話をするのよ。それだけ。本当のことって直接聞かないとわからないものなのよ」

二号機と一号機の戦闘は再び宇宙へ舞台を移す。
邂逅するピノとプルー。
「やめておにいちゃん。私、この人間嫌いじゃない!」
「だめだ。そいつは僕らを機械に閉じ込めて動力に利用しようとした連中の仲間だぞ」
記憶を失っていくハルトは頭を抱える。
その間にもコアが開けられ、ピノを奪われそうになる。
「違う! あなたたちも人間と一緒に暮らそうと思ってた。でも、傷付いたから諦めた。互いを傷つけないよう嘘の壁を作った。あいつは、僕の友達は自分を照らしてくれた光を失っても、彼女の夢を果たすために立ち上がった。僕が大好きな女の子は、お父さんを失っても、それでも総理大臣であろうと頑張ってた」
「パワーが上がっている…」
「傷ついても、傷ついても、諦めなかった皆のために、あなたには負けられない!」

ドルシアでは各地で同時多発的にクーデターが起きていた。
王党派は決起の機会を待っていた。
エルエルフという男の持ってきた情報の真偽はともかく、十分な口実にはなる。
王党派逆転の好機。
ネットに評議会委員の名簿が流される。
有力者のメンバーが拘束され、慌てるマギウスたち。
アルスの大統領はこの混乱に乗じてマギウスたちを排除出来るかも知れない、と密かな企てをしている模様。

「最初から諦めた、閉じた未来なんて僕は欲しくない! だって、皆諦めてなかった、だから、僕も!」
記憶を失いながら、徐々に二号機を追い詰めるハルト。
コアのルーンを使って、刀に力を移し、二号機に突き刺すと、プルーが苦しみ始め、機体からルーンの文字が消えていった。
トドメを指す一号機。
攻撃を受けて傷ついたカインは、プルーの呼ぶ声に画面に手をやる、と、プルーがルーンの光になって手に吸い込まれていった。
そして大爆発をする二号機。
カイン死亡。

一号機のコアの上で踊るように弧をを描く二つの光。
ピノとプルーが出会えたのだ。一号機のコックピットの中で。
目を覚ますエルエルフ。ジャックは解けている。
ハルトを起こしにいくのだが、目を覚ましたハルトの様子がおかしい。
「ハル、ト…それ、僕の名前…?」
驚くエルエルフ。
「ルーン、使い果たした」
ピノが言う。
何も覚えていないというハルトに、涙するエルエルフ。
「君は知ってるんだね、僕のこと」
「ああ、おまえは俺の友達だ」
ハルトの瞳に光が戻る。
そして、瞳を閉じる。ハルト、死亡。

その後、世界ではマギウス狩りが始まり、評議会でもその存在を隠しきれなくなった。
世界はもう、隠しごとをするには繋がりすぎていた。
ハルトの死を知って、ヘルメットを抱きかかえて泣くショーコ。
結局、すれ違ったままハルトとはお別れしてしまった。

サトミとタカヒの結婚式。
エルエルフも笑っている。
ブーケトスではアードライがキャッチしてしまい、女性陣から大ひんしゅくを買う。
一号機の前での出来事。

「その小さな国が、僕らの銀河帝国になったの?」
二百年後、王子が流木野とアキラの前でしゃべっている。
「歴史の始まりなんて案外そんなものなのよ」
「ふーん」
「た、大変です。メモリアルコアに侵入者です。第53生命体だと思われます」
サトミが駆け込んでくる。

ゼリー状の不気味な生き物が二匹。
「秘密兵器でもあると思ってた? これはね、始まりの騎士っていう英雄の像。この国を作る時に死んでいった私の大切な人なの。私たち仲良くしましょう。それで全てが解決するなんて言わないけど、そうしたら痛みも喜びも半分こに出来るから」
赤のパイロットスーツに身を包んだショーコが、臨戦態勢の生命体に手をさしのべていた。
一号機に乗ったらしい。

最後、思い出の場面に包まれた一号機のコックピットの、起動画面には「ニンゲンシンジマスカ」の文字が。


え〜〜これで終わり?
何でサトミはカミツキになったの?
ショーコは一号機に乗ったから二百年後も生きてるんだよね?
結局、マギウスが表沙汰になって、カミツキが化け物じゃないってことになったのかな?
この時代、カミツキは祝福なのは何故なの?
案の定、謎を残して物語は終わり…なんか、ハルトは最後までいいとこなしだったな。
カインと戦ったのはエルエルフだしさ。

"
posted by 松風久遠 at 17:24| Comment(0) | TrackBack(4) | ヴァルヴレイヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

革命機ヴァルヴレイヴ TBS(12/27)#24終
Excerpt: 第24話 未来への革命 公式サイトからエルエルフの手によって、ドルシア総統が不死のマギウスだったことが明かされる。だが101人評議会は瞬時に情報を統制、ハルトたちは敵の強大さを痛感する。残る希望はヴァ..
Weblog: ぬる〜くまったりと
Tracked: 2013-12-28 17:31

「革命機ヴァルヴレイヴ」の悪意。そして何が革命されたのか
Excerpt: 革命機ヴァルヴレイヴ最終話を視聴。 今回の記事では、本編で描かれた「悪意」とタイトルにも使われる「革命」について考察する。 まず「悪意」について。 冒頭、エルエルフがジオール総統の喉..
Weblog: 失われた何か 
Tracked: 2013-12-28 20:54

革命機ヴァルヴレイヴ 第24話「未来への革命」
Excerpt: ヴァルヴレイヴを巡る物語もついに完結。 ハルトたちの命をかけた戦いは、世界を革命する結末となるのか…? 最後までハラハラしたけど、なんとか200年後の話に繋がりましたね。   エルエル..
Weblog: 空 と 夏 の 間 ...
Tracked: 2013-12-28 23:04

革命機ヴァルヴレイヴ 第24話「未来への革命」
Excerpt: 革命機ヴァルヴレイヴの第24話を見ました。 第24話 未来への革命 「退け!これは君達が忠誠を誓うべき相手ではない!」 アマデウスもサキのように人ならざる者であることを知らしめる..
Weblog: MAGI☆の日記
Tracked: 2013-12-29 07:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。