2013年10月31日

「ガンダムSEED DESTINY THE EDGE&DESIRE」


改めて種デスとはアスランのためのお話だったんだなぁと思いました。
シンの出番をバッサリ切ってあっても、何の違和感もなかった(笑
相変わらず何でザフトに復隊したのか、何で脱走したのか分からない……
彼の見つけられなかった答えを、私の乏しい想像力では推測出来るわけもなく。
本当に糞シリーズ構成の屑脚本だわ。
久織さんがシンを可愛く、レイを美人さんに描いてくれたことがせめてもの救いかな。
ただ、アニメ未視聴の人は門前払いを食らいそう。
アニメ視聴が前提のお話となっております。

DESIREの方はアカデミー時代の話がおいしかったです。
でも、シンとレイが同室じゃないーーー!!
シンとレイが殴り合いの喧嘩をする、というのも頭になかったエピソードでした。
なんか、ただのライバル関係だったみたいで。
これを読んだ後なら、私の運命以前ももうちょっと違うものになっていたかも知れません。

レイのクローン発言にもう少し言及してほしかったなと思います。
この辺は後藤リウ氏の小説版の方が上手く回収してくれてますね。レイのシンとの最後の通信なんかは泣けます。
公式のレイって悲しいばかりでいたたまれません。
この漫画でもそれはカバーされておらず、残念無念といったところです。
そういうわけで、物語の補完をしたい場合は、後藤リウ氏の小説版をオススメします。




posted by 松風久遠 at 16:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんはー!記事になるとは思わなかったです、THE EDGE。
私もアスラン目線で描かれている分、彼の行動理念の詳細があったので、アニメよりは伝えたい事わかったかなー程度でしたが笑
おそらく復隊したのは、存在を偽ったまま、自分の父親が遺してしまった思想のせいで争いが起きているのを見ないふりできなかった彼の責任感によるものだと、私は思いました。脱走の理由は、薄すぎて確証ありませんがあのままいたら殺されてましたよね、アスラン。だから仕方がなかったのかなーと、いえ、私の予想なのですが。

本命はDesireです!同室ではなかったのですが、そのぶん夜這いかけれると思いませんか?
笑 通い婚レイシンはミネルバでは見れないですから! ライバルみたいな、という話でしたが、きっとあれがきっかけですよ!!
あそこからですよ!!
あれから恋が! っていう希望ですが笑

後藤リウさんの小説、久し振りに読み返しました。アークエンジェル側の描写が多く、アークエンジェル側を正義とする傾向にあったので、あまり読んでなかったのですが、レイシン度が濃いんですよね、特に最終巻。

あの脚本家がアスキラ好きなせいで、レイシン描写が削れてしまうのが本当に遺憾でした。
別の人を脚本に立てて映画化して欲しいですね、もちろんレイシン多めで!

今日も長々とすみませんσ(^_^;)
インフルエンザ流行ってるみたいですので、お身体にはおきをつけてください!
Posted by どんちゃん at 2013年10月31日 20:33
こんばんわです。
夜這いですか! そこまで頭が回りませんでした。通い婚もいいかも知れませんね。
同室の方にはどうやって退出してもらいましょう。

アスランの行動はしっちゃかめっちゃかで理解に苦しみます。
どんちゃんさんみたく彼よりになって考えられないので、余計です。
アスランて好きじゃないんですよねぇ。

小説、アークエンジェル寄りでしたっけ。私はレイとシンの最後を取り上げてくれたので、あれ以上は多くは望むまいと思っていました。
最終巻はレイシン度高かったですよね。

映画化ってほんとに企画進んでるんでしょうかね?
暗礁に乗り上げているんじゃあ……
脚本があの人じゃなきゃいいですが。
戦後を描くとしたら、シンは出してもらえるのでしょうか。

インフルエンザ気をつけます。
ではでは〜。

Posted by 松風 久遠 at 2013年11月01日 17:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/379036272

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。