2013年10月27日

「エルエルフ×ハルト」 その2


まさかまさかの第二弾(笑
先週から気になってたんすよ、ハルトがエルエルフだけを餌にするってとこ。
ドSのエルエルフさんがただで人身御供を引き受ける訳がない、と。
それで書いてみました。
18禁なので18歳以下の方は読まないで下さいね。


 自らが餌になることで、ハルトの吸血衝動を回避する案を了承したエルエルフ。
 だが、彼はその代償としてハルトの身体を求めてきた。
 吸血衝動を止める度、肌を重ねろというのだ。つまりは対価としてハルトとの性交渉を望んできたのである。
 ハルトにある選択肢はただ一つしかなかった。エルエルフの要求に応じるしか方法がなかったのだ。契約は成立した。
 カミツキの衝動に駆られると、白い首筋を惜しげもなく晒すエルエルフの潔さに、ハルトも何ら躊躇なく噛みついてきた。鋭い二本の牙に噛みつかれて痛いだろうに、エルエルフはうめき声一つ上げずにいた。
 そして身体が入れ替わったまま、ふらりと外へ出て行く。どこで何をしているのかはわからない。知る術もない。
 地球降下後も関係は続いていた。吸血衝動のあったその晩も皆から少し離れた洞窟の中で、ハルトとエルエルフは交わりをなしていた。
 声が漏れないように手を噛みながら、ハルトは快楽に耐えていた。
「君の…姓……」
 身体はつながっている。緩いピストンが行われており、会話は途切れ途切れになる。
「なん、だ…」
 直腸が熱くなり、ビリビリとする。もっと奥まで届きそうだ。
「カルルスタインって」
「ああ」
「『カルルスタイン機関』から、とった、の…?」
「そうだ」
 希に見る名器だ。時縞ハルトのそこはよく締まる。カルルスタイン機関にいたときも、手当たり次第に試してきたが、ハルト程相性が合った相手は初めてだ。
 良いところを中心にこすってやると、腰を緩やかに振って、きゅうきゅうと中が締まる。ハルトは快楽の渦に飲み込まれていたし、それはエルエルフも同じだった。中が締まる程に快楽の渦に巻き込まれて行く。
「本当の、名前は…?」
「誰が教えるものか」
 本当の名など、とうに忘れてしまった。もう、自分には必要のないものだ、とエルエルフは思う。
「けち…だな」
 エルエルフが一際激しくハルトの良いところを刺激し、片手で屹立したハルトの肉茎をしごいてやった。
 ほぼ同時に絶頂を極めたが、エルエルフはハルトの口を封じて嬌声が上がるのを押さえるのを忘れなかった。
 代わりにハルトの放ったものが、エルエルフの顔にかかるのを防げなかったのは、エルエルフの油断だったろうか。
 手でこすりとったものを口に運ぶ。
「…苦いな」
「そんなもの、舐めるなよ…」
 ハルトの顔が急激に赤みを帯びた。
 エルエルフの顔は、精液にまみれても尚、美しかったから。
 快楽の余韻に浸りながら、ハルトは昼間のことを思い出す。
 エルエルフをジャックして、彼の姿のままふらふらと洞窟の中を歩いているところだった。
 マリエに声をかけられたのだ。
「ハムエルフ…じゃなかった、エルエルフ。ごめん、ショーコがそう言ってるのうつっちゃって」
 ハルトはなるべくエルエルフらしく振る舞うように努め、その場をやり過ごしたのだった。
「昼間、マリエにハムエルフって呼び止められた。君、ショーコにそう呼ばれてるんだ?」
「…うるさい」
 さも、鬱陶しいといった表情でエルエルフが吐き捨てた。
「君にもそんな一面があるなんて、意外だったよ」
「黙れ」
 言うなり、エルエルフはハルトの口を口で塞いだ。
 この関係はいつまで続くのだろう。
 エルエルフとの契約が切れた時? それはカミツキの呪いが解けた時だ。
 いつまで続くかわからない、宙を浮いたまま関係は続いてゆく。
 おそらくは、どちらかが死ぬ時まで。


落としどころがイマイチでした。w
エルエルフの姓は「カルルスタイン機関」からとったで間違いないですよね?
出身者は皆カルルスタインを名乗るのかな。
アードライとかイクスアインも?
エルエルフはショーコには勝てない、と。
あと、ハルトは平時はエルエルフを「君」と呼びますが、怒ると「おまえ」に変わりますね。
その辺は割と細かく設定してあるなぁ。
posted by 松風久遠 at 17:06| Comment(2) | TrackBack(0) | ヴァルヴレイヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわー!復活しました!!

エルハル小説、読みました!
あっ、エルハルもいい\(//∇//)\と思いました笑
ハルト可愛い!!
発作を起こすハルトを見てるとハルエルかなぁと思ったんですが、素面なら確実にエルハルかもしれませんね(^^)
ありがとうございました!

私事ですが、今日THE EDGE全巻買ってきました笑 レイシン好きなら見た方がいいと言われて気になって衝動買いです!
いいレイシンでした!!
読んでなかったら是非読んでください!

では!
Posted by どんちゃん at 2013年10月27日 19:44
こんばんわです。
小説読んで下さってありがとうございますw
発作を起こすとハルエルかぁ。ハルトが凶暴になって、てそれもありかも知れないですね。

THE EDGEって漫画ですか?
気になるから調べてみよう…
公式なレイシンなんてあったんですねぇ。
是非読んでみたいです。
ではでは。
Posted by 松風 久遠 at 2013年10月28日 16:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/378694438

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。