2013年09月12日

「Free! ♯10 苛立ちのハートレイト!」


小学生時代のエピソードから始まる…
「初めまして松岡凜と言います。佐野小学校から来ました。女の子みたいな名前ですが、男です。よろしくお願いしまーす」
驚く遥や真琴に対して、笑顔の凜。
今と違ってこの時代は明るく優しかったのね。


スイミングクラブにも同じようにやって来る凜。
自己紹介はあれが鉄板らしい。
メドレーリレーに遥をしつこく誘っている凜。
努力は実った模様。

笹部が水泳部のコーチに。
さすが鬼のゴローと呼ばれていただけのことはある、と言うほど練習はハード。
三方向からのカメラ撮影で、どの角度からもフォームの確認が出来るようにするなんて、なんて本格的なんだ。
「確かにフォームは完璧かも知れませんが、僕が好きだった遥先輩の泳ぎは、こんなんじゃない。もっと美しかった」
と怜。

帰りの電車内。
渚と隣り合わせで座る怜が言う。
「僕には分かりません。江さんのお兄さんのことです。なぜ急にまたリレーに出るなんて言い出したのか」
渚は軽く、ハルちゃんもまた凜ちゃんと勝負が出来るってやる気になってるからいいじゃない、と。
「僕たちはあくまで岩鳶高校水泳部として全国大会目指してるんですよ」
「そりゃまあ、そうだけどさ」
「なのに皆凜ちゃん凜ちゃんて、本当に、意味がわからない」

笹部コーチの家で鍋。
何故この真夏に鍋なのかと、クーラーもない部屋で苦しむ部員だち。
食べてみると意外と美味しい。
笹部は岩鳶高校の水泳部のOBで、最後の水泳部員。
はずみで渚が倒してしまった雑誌の山を、あまちゃん先生があら大変、と片付けるのだが。
何年も前のバックナンバー。
そこにはまりんちゃんの名前で、あまちゃん先生が水着のグラビアに出ていた。
とんだ黒歴史だった。

江がスイミングクラブのアルバムを見つけてくる。
ひとしきり盛り上がったのだが、怜の様子を気にかけている遥。

帰り道、怜が立ち止まって言う。
「一体、何があったんですか。四人の間に」
「怜、今更こんな話をしても意味なんか無いかも知れない。でも、おまえが聞きたいなら、全部話す。俺たちのこと」
「聞かせて下さい、僕だけ蚊帳の外なんてまっぴらだ。僕だって、仲間なんですから」

「凜は転校してきたときから妙にリレーに拘る奴だった。何故そこまで拘るのか、俺たちもその理由を聞いたのは、決勝の直前だった」

「俺の親父は岩鳶スイミングクラブの一期生だった。小学六年生の時にメドレーリレーで優勝したらしい。親父の夢はオリンピックの選手になること。だけど結局親父は漁師になって海の事故で死んじまった。俺はオーストラリアに行くことを決めた。でもその前に、親父と同じスイミングクラブに入ってメドレーリレーで優勝できたら、親父と同じ夢、見られるかも知れないって思ったんだ。親父のチームがどんなだったか、俺は知らない。けど、きっと最高のチームだったんだと思う。俺もおまえらと最高のチームになりたい。自分勝手な話かも知れないけど、俺はおまえらと本当の最高のチームになりたいんだ!」

遥たちはメドレーリレーで優勝し、凜はオーストラリアへ旅立っていった。
見たことの無い景色、見せてやる。凜はそういった。
「あの決勝で俺は本当に何かが見えた気がしたんだ」
「僕も見えた気がしたよ。見たことのない景色」
「うん、そうだね」
「だったら何故、そんな素晴らしいリレーを泳いで、しかも優勝までして、何故今はこんな関係になってしまったんです?」
「中学一年の冬休み。帰省した凜とバッタリ会ったんだ」

中学で水泳部に入ったことを報告する遥。
どこか元気の無い凜は、久しぶりに泳いでみないか、どっちが早いかとプールに誘う。
そこで凜は遥に負け、泣くのだった。
帰り際、凜を止める遥。
「どうしたんだ、今日のおまえ、なんかおかしい」
「辞める。俺はもう、水泳辞める」
走り去る凜。呆然とする遥。

「だからハルちゃん、中学で水泳部辞めちゃったんだね」
「凜を傷つけたことに罪悪感を感じて、ハルは競泳を辞めた」
「だったら、この前の勝負でもう全て終わりじゃないですか。遥先輩は自由になれた、これからは好きに泳げば良い。なのになぜまた負けたことで悩んだり、向こうは向こうで今度はリレーで勝負を挑んできたり、意味がわかりません!」
「それは俺にもわからない。だけど、今は何故か、また凜と勝負出来ることが、楽しみなんだ」
素直な気持ちを告白する遥だった。

翌日、怜は水泳部を休む。
休んだ怜は鮫柄学園へ乗り込んでいた。
「凜ちゃんさんですね」
「おまえは…」
睨み合う二人。
「お話があります」

あまちゃん先生の過去が明らかに!
グラビアアイドルだったなんて。水着関係の仕事ではあるけど。
よく教師に転身できたなぁ。

posted by 松風久遠 at 16:51| Comment(0) | TrackBack(3) | Free! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/374621381

この記事へのトラックバック

Free! TokyoMX(9/11)#10
Excerpt: Fr.10 苛立ちのハートレイト! 公式サイトから次の大会へ向けて、笹部コーチの特訓が始まった。 一方で怜は自分だけ遙たちの過去を知らないことをもどかしく思っていた。 その思いを打ち明ける怜。遙はその..
Weblog: ぬる〜くまったりと
Tracked: 2013-09-12 17:19

Free! 10Fr「苛立ちのハートレイト!」
Excerpt: Free!の第10話を見ました。10Fr 苛立ちのハートレイト!「オラオラ、もっと気合い入れていけ!渚、お前膝曲げすぎ。リレーの飛込みにジャンプ力は要らねえんだよ!」地方大会へ向けて...
Weblog: MAGI☆の日記
Tracked: 2013-09-12 19:55

Free!第10話「苛立ちのハートレイト!」
Excerpt: Free!第10話「苛立ちのハートレイト!」「僕だけ蚊帳の外なんてまっぴらだ!」「はじめまして。松岡凛といいます。佐野小学校からきました。女の子みたいな名前ですが男です!宜しく...
Weblog: SOLILOQUY
Tracked: 2013-09-13 02:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。