2013年09月06日

「戦姫絶唱シンフォギアG ♯10 喪失までのカウントダウン」


神獣鏡のシンフォギアをまとって現れた未来。
響と戦うことになってしまうのか?
リディアに通う生徒はシンフォギアへの適合が見込まれた装者候補たち。
ってヴァルヴレイヴかい!
リンカーがこれ以上級友を戦わせたくないと願う思いを、神獣鏡につなげてくれた。
あの装者はリンカーで無理矢理仕に立て上げられた消耗品。私たち以上に急ごしらえの分、壊れやすい。

未来VSクリスちゃん。

脳へのダイレクトフィードバックによって己の意志とは関係なく、プログラムされたバトルパターンを実行。
未来は操られているようだ。

海上を走る未来に、少しずつクリスちゃんの攻撃が当たり始める。
だが壊れない未来。
未来の反撃が始まる。
未来の「閃光」をリフレクターで防ごうとするクリスちゃん。
後ろには調もいる。
リフレクターが分解されていく。
その時真上から板状の仕切りが落ちてくる。クリスちゃんと調ごと抱えて逃げる翼さん。
最後には上へ逃げて未来の攻撃をかわすのだった。

私が調にちゃんと打ち明けられなかったから。
悩む切歌に調は言います。
「ドクターのやり方では弱い人たちを救えない」
ウェル博士がソロモンの杖を使って艦隊にノイズを発生させる。
翠の閃光のあとに現れるノイズ。人々が次々と炭化していく。

「ソロモンの杖がある限り、バビロニアの宝物庫は空きっぱなしってことか!」
ノイズの殲滅に向かうクリスちゃん。
「こうするしか、何も残せないんです!」
自分がフィーネの器だと信じ込んでいる切歌は翼さんに攻撃を仕掛ける。

「振り切ることは不可能ではない、だが、そうするわけには…」
そこへ水柱と共に緒川さんが現れる。
「人命救助は僕たちに任せて、それよりも翼さんは未来さんの補足を!」
ゆらり、陽炎を残して移動する緒川さん…
海を走る緒川さん。
あんた…忍者だったんか……!!

「あたしが消えて無くなる前に、やらなきゃならないことがあるです」
翼さんを追う切歌。縄状の武器で翼さんがんじがらめに。
ギロチン攻撃を、千ノ落涙で凌ぐ翼さん。

未来ちゃんのまとうギアより発せられるエネルギー波、生物由来の力を分解する特性が見られます!
それってつまり、シンフォギアでは防げないって事?!
この聖遺物殺しをどうやったらとめられるのか…

人のフォニックゲインを増した神獣鏡の輝き…これをフロンティアへと照射すれば…
今度こそフロンティアに施された封印が解除される。
またも吐血するナスターシャ教授。
イヤイヤながら、博士が治療に連れて行く。
「私がやらねば、私が…」
責任感に苛まれるマリアだった。

浮上した基地の上で未来と相対する響。
「一緒に帰ろう、未来」
「帰れないよ…だって私にはやらなきゃならないことがあるもの。このギアが放つ輝きはね、新しい世界を照らし出すんだって。そこには争いもなく、誰もが穏やかに笑って暮らせる世界なんだよ。私は響に戦ってほしくない。だから、響が戦わなくて良い世界を作るの」
「だけど未来、こんなやり方で作った世界は暖かいのかな? 私が一番好きな世界は、未来が側にいてくれる温かい日だまりなんだ」
「でも、響がたたかわなくていい世界だよ」
「例え未来と戦ってでも、そんなことさせない」
「私は響を戦わせたくないの」
「ありがとう。だけど私、戦うよ」
シンフォギアをまとう響。
未来、意外と正気……?

「あのエネルギー波を利用して、未来くんのギアを解除するだと?!」
「あたしがやります、やってみせます!」
響の活動限界は二分四十秒。
「思いつきを数字で語れるものかよ!!」
啖呵を切る響。

未来の攻撃を次々かわしていく響だが、その未来のビームを反射する装置をマリアが射出する。
響の身体に異変が。大きな鼓動と共に、金属が身体から生え始めた。
「違う、私のしたいことはこんなことじゃない! こんなことじゃないのにーー!」
未来に突っ込み、その身体を抱きしめる響。
「離してぇ」
「嫌だ、離さない。もう二度と離さない!」

「来る、フロンティアへと至る道!」
装置が整列し、ビームが収束される。
「そいつが聖遺物を消し去るっていうんなら、こんなの脱いじゃえ、未来ーー!」
収束されたビームの中に未来ごと突っ込む響。ギアが壊れて行く。
その後、ビームは海中へと消え…光の柱が立つ。
「作戦は成功です。封印は解除されました。さあ、フロンティアの浮上です」
フロンティアって何処にでもあるの?
あの湖にあるんじゃないの?
どういうこと??



posted by 松風久遠 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(3) | 戦姫絶唱シンフォギアG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「戦姫絶唱シンフォギアG」第10話
Excerpt:   EPISODE10「喪失までのカウントダウン」「死んでも、生きて帰ってきます!」シンフォギアを纏った未来が現れ、クリスが相手を調を守るため、未来の攻撃を防ぐクリス。翼が駆けつけ...
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2013-09-06 17:19

戦姫絶唱シンフォギアG #10
Excerpt: ついにフロンティアの封印が解かれてしまうお話でした。切歌と戦う翼たちの前に現れたのは、ウェル博士の力でシンフォギアをまとわされた未来でした。神獣鏡とLiNKERを投与
Weblog: 日々の記録
Tracked: 2013-09-06 17:27

◎戦姫絶唱シンフォギアGEPISODE10喪失までのカ...
Excerpt: →ミクさんが参戦m)センショウジを人のみにまとませたのですね、心を惑わす力d>使い時に使ったまでのこと{d>お話でもしませんか、あなたの力になりますよ:あの娘は旧友じゃそうじゃ...
Weblog: ぺろぺろキャンディー
Tracked: 2014-06-10 01:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。