2013年07月31日

「BROTHERS CONFLICT ♯5 浸水」


アバンの主人公のポーズ、なにあれ(笑

大変だ! 夕飯の材料が何にもない。
五男が今日は俺たちと昴だけなんだから外でいいんじゃない、と。あれー、この間のキスはどうなったの? 主人公も普通に接しててキスした気配すらないよ。どうなってんの、なかったことになってんの?
すると末っ子が「お花見!」と騒ぎ始める。梶裕貴…やっぱりキツいぞ。
鶏の唐揚げだけは作って後はコンビニの総菜で済ますことに。
花見って、この間クリスマスだったのに、もう春なの? 時間経つの早すぎない?
どうでもいいけどじゃあ、主人公たち受験生なんだね。
騒いでいる主人公たち。良い具合に出来上がってる所に電話で呼び出された七男もやってくる。

飲み物が足りなくなって買い出しに出た主人公とバッタリ会う九男。買い物に付き合うことに。
その頃ジュリは急な食あたりに悩まされていた。リスでも食あたりになるのね。
「この間言ったこと」と九男が切り出す。この間って四ヶ月前ね。「今度の試合、絶対観に来てくれよな」
「俺、おまえの前で勝ちたいんだ」。

「アヒルさん、がーがー、がーがーがーがー!」
柵に乗り上げてアヒルに枝を伸ばしている末っ子。今にも落ちそうだ。
「危ない!」
七男が走り出す。が、柵の内側に落ちた末っ子と入れ違いで柵を越えて池へドボン。
かなり格好悪い。
五男にも遊ばれてかなり惨めである。
「ほんとに偶然だったのか? 昴途中で会ったって」
ハンカチで拭ってくれている主人公に探りを入れてくる七男。
家でシャワーを浴びていくことに。
シャワーシーンはカット。ちっ。
風呂上がりに九男と話すが、「現役のことなんかわからないだろ。ほっといてくれ」と冷たくあしらわれる。

学校帰り、散った桜の掃除をしなきゃと、ほうきをもって外へ出てみると、既に九男によって片づけられたあとだった。そこへ十男が帰ってきて、「大丈夫、昴兄さんの担当だから」と。
みんなそれぞれマンション周りの役割があるそうな。
綺麗な花壇は十男の担当。
十男がまともに喋ったのはこれが初めてじゃないか?

「赤いチューリップの花言葉は愛の告白! チィ! これを誰に貰った!」
十男からもらった一輪のチューリップにお怒りのジュリ。
「この家の万年発情期の雄どもに気を許してはいかんのだ!」
主人公はゲームに夢中。ジュリのお説教は馬耳東風。

サシの入った見事な霜降り和牛のブロックを前に、どう切ったらと尻込みする主人公。
お花見の時の埋め合わせに今日はご馳走ですと、次男。
口で説明するより、手取り足取りで、主人公に肉の切り方を伝授。
赤くなる主人公。すぐ誰にでも反応するなぁ。
そこへ四男がチャチャ入れに。
ジュリが飛んできて次男の顔に張り付く。
「おまえもかー、この悪徳弁護士めー!」
「あんた、とてつもなくやかましい騎士を連れているのね」
岡本さんのオネェ声がやっぱりキモチワルイです。

そして四月二十六日、インターカレッジバスケットボール大会の当日。
九男の応援に七男もやってくる。主人公を見つけて空いている席にすわるが、「おまえ、来てたのか。バスケ好きだっけ?」「昴さんに誘われて」「昴? 何故昴がおまえを?」。
選手交代で九男が登場。
主人公が来ているのを確認する。
九男の活躍もあり、最後に逆転スリーポイントシュートを決めて試合は勝って終わる。

雲行きが怪しいな、車に乗ってくか、と主人公を誘う七男。
七男に取引先から電話、七男は席を外す。
そこへ九男が嬉しそうに駆け寄ってくる。
「やったよ!」
言うなり、主人公を抱きしめる。
「ありがとう、全部おまえのおかげだ。おまえが来てくれたから、試合を観ていてくれたから。だから俺、がんばれた」
そして主人公に尋ねる、好きな男はいるのか、付き合ってる男はいるのかと。
いませんけど、と主人公が答えると、「だったら、ずっと俺の側にいてほしい。これから、ずっと。俺にはおまえが必要だ」
ここで、七男が戻ってくる。
何でおまえが今ここにいるのかと。チームメイトは、監督はコーチは。
「ちょっとくらい試合で活躍したからってのぼせるな。まだ二回戦だ。優勝したわけでもないだろう。バカをやるのは本当の一流になってからにしろ。おまえじゃまだ早い」
「半端に競技を放り出した奴に言われたくない」
「例え続けていたって、やってることが半端なら同じだろ」
睨み合う二人。
「さっきの話、考えてくれ」
と、去って行く九男。
もう私、わかりません。だって、私たち兄弟ですよ。とうなだれる主人公に表着をかけてやる七男。
「おまえを傷つけるつもりはなかったんだ。すまない。許してくれ」
雨が二人を濡らす……

七男も学生時代バスケやってたみたいですね。
サブタイトルの浸水って、何をさしてるんでしょう。わかりませんねえ。


posted by 松風久遠 at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | BROTHERS CONFLICT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。