2014年08月12日

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」。


昨夜見てきました。
ワーナーマイイカルからイオンシネマに変わってから、1100円で見られる特別デーが水曜から月曜に変わったことで見に行く日も月曜に。
いやー、面白かったですね。
今まで映画館に行って見た中では一番面白かった気がします。
死とタイムリープを繰り返しながら敵の核心に迫っていく過程がスリル満点で描かれていて、見ていて飽きさせませんでした。
作戦失敗→死亡のキッカケが容赦なくて。リタの判断が速すぎて笑えました。
地球外生命体がキモくて、VFXが凄かったです。
アルファとオメガ、始まりと終わりを倒さなければならないという辺り、日本原作っていうのが生きているのかなとも思いました。
どこまで原作通りなのか知りませんが、シナリオもよく出来ていたと思います。
終わり方もとても良かったですしね。
興行収入的にはどうだったのか気になります。
あと、トム・クルーズはやっぱりもうちょっと背が高い方が絵的にいいなぁと。
女優さんの方が必ず背が高いってのが、見ていてちょっとカッコ悪いかな〜


posted by 松風久遠 at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。