2014年06月10日

BL小説にも飽きてくる。


BL小説も何冊かまとめて読んでいると、飽きがくるようになってきました。
大体、受けが最初は強がって拒もうとするんだけど、肉体の方はそれに反して反応してしまい、これは生理的な現象だと自己嫌悪に陥る。でも、最後は心も攻めに奪われるという。
性描写もルーチンワークになってくる。乳首責めから始まって、前、後ろ、挿入、前はイカせない、受けは拒めない。そのうち射精がしたくなってしょうがなくなって、攻めにいかせてと懇願する。
後は、本能の赴くまま、情事に熱中するという。
西野花さんの作品をまとめて買ったのですが、大体そんな感じです。
もう、尿道責めじゃないと萌えなくなってきた。
一対一より4Pじゃないと物足りなくなってきた。
そんな中で、ストーリー的にも凝っているのがいとう由貴さん。
前世の話とからめてみたり、いろいろ楽しませてくれます。

今日の教習は一時間だけ。昨日取りこぼした5段階を無事突破することができました。
着いてくれた教官がD先生で、一段階でも一度だけ受け持ってもらったことがあるんですが、非常にわかりやすくて、運転しやすかったです。上手く行かないのは何故なのか、一緒に考えてくれて、いい人だなぁと思いました。
最初からD先生を指名しとけばよかったと、今更ながら指名制度を使いました。
明日はお休みということで、他の教官になります。二時間が無駄にならなきゃいいですが…
と言うわけで、今日は機嫌よく終わることができました。
気も楽です。

9日21時に拍手して下さった方、ありがとうございました。




posted by 松風久遠 at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。