2014年05月13日

「ビターブラッド」と「BORDER」。


どちらも刑事もののドラマです。
そして主演がどっちも格好いいという共通点が。
佐藤健に小栗旬、二人とも身のこなしも軽く、格好いい刑事を好演しております。
ドラマの内容的には尻切れトンボというか、詰めが甘い感じが拭えないですが、そこそこ楽しく見てます。
走る、飛ぶ、犯人を取り押さえる…それだけでもカッコいいですよねぇ。
「ビターブラッド」の方は渡部篤郎と佐藤健が親子で同じ職場に、というありえない設定ですが、佐藤健が格好いいのでどうでもいいですw 佐藤健が新人刑事を初々しく演じていて、同僚の忽那汐里との絡みもほったらかしで良い感じですね。
「BORDER」は頭に弾丸を受けたことで死者と話せるようになってしまった刑事を小栗旬が演じています。
ぶっとんだ設定ですが、様々なメディアミックス化されているようなので、無理も通るのかなと。
死者と話している場面は端からみれば、独り言をぶつぶつ言っている変な奴ですがw
波留演じる検死官のぶっきらぼうさも小栗旬と絡むと中和されて良い感じです。
今期見ているドラマはこの二本だけなので、最後まで楽しませてくれることを願います。

12日21時に拍手して下さった方々、どうもありがとうございましたv

posted by 松風久遠 at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。