2014年04月26日

「それでも世界は美しい」「M3」


「それでも世界は美しい」
雨の国のお姫様が晴れの国のお嫁に行く話。
だからどーしたって感じで、話の趣旨がよくわからなかったです。
どういう方向に行こうとしているのかさっぱり。
晴れの国の王様が島崎信長だったんですが、次回からは見ないと思います。

「M3〜ソノ黒キ鋼〜」
無明領域とか、イマシメとか、テストパイロットとか、独特の世界観が上手く説明されてなくて意味が分かりにくかったです。
ストーリー的にもつまらなくて、過去との絡みも不自然な感じで。
主人公があんまりしゃべらないのは良くないんじゃないでしょうか。
松岡禎丞なんですけどね。惜しいなぁ。
次回からは見ないですね。

これで春アニメは一通り出尽くしたのかな。
今期は見るのが多くて大変です。ハードディスクがいつ満杯になるかわからないという不安も。



posted by 松風久遠 at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。