2014年03月18日

「ガンダムビルドファイターズ ♯23 ガンプラ・イブ」


生命維持装置と点滴のパックの数々。
植物状態の病人は二代目メイジン・カワグチと思われる。
花を持って現れた、ユウキ・タツヤは三代目を襲名するに至ったと報告する。
その上で二代目の勝利のみを追求するガンプラ作りを引き継ぐつもりはない、初代メイジンの行っていた明るく楽しいガンプラの普及を目指すと言う。
かつてガンプラの魅力を教えてくれた、あの人のように。

17日17時に拍手して下さった方、ありがとうございます。

続きを読む
posted by 松風久遠 at 15:21| Comment(0) | TrackBack(1) | ガンダムビルドファイターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。