2014年03月31日

キイ。


キイという名前の犬を飼っていました。
4年程前に死んじゃったんですけどね。
これがパピヨンとチワワのハーフで血統書付きだったんですが、前の飼い主がいらないというんで貰った犬だったんです。小屋からトイレから餌から一式ついて嫁入りしたんですよ。
変わった犬で散歩が大嫌い。飼い主としては楽でしたが、こいつがどうにも私に懐かない。
私のくしゃみにさえも吠える始末。
トイレは粗相してばかりだし、頭の悪い、いや、性格の悪い犬でした。
自分のことを人間だと信じ込んでいたみたい。
私の癒やしのために貰ってきた犬なのに、名付け親も私でしたし。
「KEY THE METAL IDOL」というOVAの主人公から取った名前でした。
KEYというのが、人間になりたいロボットの少女で、名前通りの犬になってしまいました。
NHKのBSで放送されたんですけど、もう一回見たいアニメでもあります。
死んだときはそれなりに悲しかったですが、ペットロスに陥ることもなく、淡々と時は過ぎ、今では部屋が臭くなくなって良かったとさえ思います。
テレビに出てくるような飼い主に従順な良い犬ならいいですが、二度と犬は飼いたくありません。

posted by 松風久遠 at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月30日

教習所に行って来ました。


免許を取れるようになったので、今日初めて教習所へ行って来ました。
家の近くまで送迎バスで来て貰って、帰りも楽々。
初回ということで説明と適正検査と、学科1を受けて帰ってきました。
その適正検査がどうも苦手で、結果はほとんどE判定でした…
大丈夫かなぁ、ちゃんと車運転出来るんだろうかと不安になります。
明日は学科7.6.5を受けに行きます。
覚えることだらけで、試験に受かるかどうかやっぱり不安です。

今日の巨人×阪神、福留と西岡がボールを追って交錯し、西岡が負傷。
身体を動かすことが出来なくって、救急車で運ばれて行きました。
大丈夫かなぁ。心配だなぁ。故障で今期絶望とかにならなければいいけど。

posted by 松風久遠 at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

球春到来。


今年もプロ野球開幕の季節がやって来た!
開幕カードは巨人×阪神と伝統の一戦から始まる。
昨日はエース能見を立てながら、12−4の大敗を喫した阪神ですが…
4点最初に取ったときは勝てるかな? と淡い期待を持ちましたが、その後能見が崩れて大量失点。
巨人は層が厚すぎる!
橋本到に外国人選手…新しいメンツが結果を出して、阪神を滅多打ち。
阪神は大和が調子いいけど、他はぱっとしない。
4番に据えてるゴメスがもっと打ってくんなきゃなー。
今日も1点先制した阪神ですが、すぐに巨人に追いつかれたw
今のところ同点だけど、どうなるんだろ。

28日21時に拍手して下さった方、ありがとうございますー。

posted by 松風久遠 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

PPE如何によっては。


なんかアメリカの言う著作権とか何たらの法律が適用されるPPEが採用されたら、二次創作が出来なくなるって?
そんな馬鹿な。
二次創作が出来なくなったら、コミケはどうすんの?
それより何よりこうやって二次創作した小説をネットにアップすることも禁止される?
発表の場を奪われたら、私の妄想はどこにぶつければいいの?
小説を書いても発表の場がないなんて、そんな殺生な…!
お願いだからアメリカの言うこと聞かないでほしいよ、日本政府。
サブカルチャーが死んでしまうよ。
今は制作者側も黙認してくれてるからいいけど、それも許されなくなるのでしょうか。
ちょっと穏やかじゃないニュースですよね。
まさに死活問題だ。

27日23時に拍手して下さった方、ありがとうございます。


posted by 松風久遠 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日

「ノラガミ ♯12 一片の記憶」


ラボウは嘆いていた。
自分の社が荒れ果てていることに。人の願いの残滓もここにはない。
だが我はまだここに生きている。我らは禍津神、生まれ這い上がるも死に落ちるも同じ場所。
そんなラボウの社にテレポートしてきた夜トと雪音だったが、知らず半妖になったひよりも着いて来てしまっていた。
焦る夜トと雪音だが、やがて呆れる。
ラボウと野良が迎えに出て、夜トたちを待ち構える。
夜トはひよりに離れるように言って、戦闘態勢に。
ラボウに向かってゆく。

続きを読む
posted by 松風久遠 at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ノラガミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

「バディ・コンプレックス ♯12 ふたりの絆」


旧型のカップリング機に乗ったことで、検査を受ける青葉とディオ。
幸い、二人の脳波に異常は見られなかった。
しかし、ディオのエンファティア波系は更に崩れていた。
エンファティアレベルは+15%に上がっていた。
カップリングを出来ないようにしたのに、それさえ打ち破って二人は繋がった。最早二人の絆はエルヴィラさんの想定をも越えてしまっている様子。
検査室を出る青葉をディオが待ち構えていて、本当に過去から来たのかと今更尋ねるのだった。

続きを読む
posted by 松風久遠 at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | バディ・コンプレックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

「ガンダムビルドファイターズ ♯24 ダークマター」


決勝戦開催前夜、完成したアメージングエクシアの前でこのガンプラに誓い、世界中のガンプラファンに熱狂してもらえるような戦いをするというユウキ先輩。
そこへ現れたマシタ会長は勝利に固執する。自身が最も軽蔑する二代目の信念を掲げるマシタ会長に戦慄するユウキ先輩。
相手の弱点を突き、命乞いを無視し、動かなくなるまで破壊する。
その考えを二代目に押しつけていたのはマシタ会長だった。
その考えを否定するというユウキ先輩たちを拘束するマシタ会長。
そこへ現れたナイン・バルト。
その手には改良型エンボディが。その仮面を着けた瞬間から君は生まれ変わる。ただ勝つことだけを目指す修羅に。

続きを読む
posted by 松風久遠 at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダムビルドファイターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。