2014年01月15日

冬アニメを見てみた。2


「Z/X IGNITION」
なんでわざわざしゃべれもしない関西弁をしゃべらせるのかなぁ。
関西弁である必要がどこに?
下野紘の声がかわいいからまだ許せるようなものの、ことば指導もないアニメで方言をしゃべらせるのはいかがなものか。
話の方は、なんか突然異世界の生き物が地球にやってきて、それをカードにして戦わせるという。
細かいことはまだよくわからない。
一応見てみようかと思います。

「未確認で進行形」
見れないことはない。けど、続きというか話じたいに興味がもてない。
羽多野渉の存在感。無口で滅多にしゃべらないのに、しっかり存在感を放っている。特筆すべきはそれぐらい。

「ウィッチクラフトワークス」
これも見れないことはない。けと、続きが気にならない。
絵が好きじゃないし、主人公の声も好きじゃない。
火の魔女に守られるお姫様っていうんなら、ビジュアルもうちょっと可愛くてもいいんじゃないの。

そんな感じです。

posted by 松風久遠 at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。