2014年01月13日

冬アニメを見てみた。


ちょっとずつですが、冬アニメを見ています。
簡単な感想を。

「とある飛空士の恋歌」
面白くなかったので視聴はしません。
感想らしき感想が持てない内容で、つまらなかったです。

「スペースダンディ」
却下。

「ウィザード・バリスターズ」
魔法描写の派手さ加減が圧巻でした。
電車が脱線するシーンとか、演出がとにかく迫力満点です。
最後の最後でセシル自身も魔法が使えるというどんでん返しもあって、面白かったです。
今後も視聴を続けたいと思います。

「ノラガミ」
夜トって書くから「よるうら」なのかと思ったら、そのまんま「やと」だった。
キャラデザインが好きな人だったので、それだけでも見る価値あり。
たった五円で依頼を受けてしまう水トがおかしかった。
神器を失った夜トが、今後どうやって戦うのか、魂の抜けやすくなってしまったひよりはどうなってしまうのか。色々興味があります。ひよりが神器になることはないのかな。

今日の五時に拍手して下さった方、ありがとうございます!


posted by 松風久遠 at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。