2014年01月11日

「金田一少年の事件簿」


昨日から今日にかけてやっと見れた。
大がかりで入り組んだトリック、それなりに楽しめました。
生徒が消えた時になんでもっと探さないんだという突っ込みは置いておいて。
美雪とはじめちゃんはまたも離ればなれに。
去年のスペシャルでは美雪とずっと離ればなれだったもんね。
それを思えば今回はまだマシってところか。

それより四代目金田一一、山田涼介では美しすぎると思う。
ちょけた芝居もしてたけど、美形すぎてはじめちゃんのイメージとは遠い。
やっぱり初代の堂本剛が一番合ってるんじゃないかと。
懐かしいなぁ。

脚本を原作者が担当していたせいか、キャラ立ちも良く、見応えがあった。
刑事役の人を吹き替えにする所がかなり微妙。
日本語の練習をする気がないのか?

posted by 松風久遠 at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。