2013年12月11日

漫画家の休載。


ジャンプの作家はよほどのことがない限り休載しません。させてもらえないんでしょう。
一方、サンデーの作家は持ち回りでよく休載します。
以前、月一連載になった田辺イエロウをこきおろしましたが、その後、渡瀬悠宇も一月休載し、荒川弘も一月以上の長期休載が告げられてしまいました。
そんな中から、サンデーは作家に甘い、という現実が垣間見えます。
滅多に休まない作家もいるんですけどね。ひらかわあやとか。
「国崎出雲の事情」おもしろいんですけどね。これこそ早くアニメ化すればいいのにと思っております。
原作もたまっていることですし、ドラマCDにもなったことですし、そろそろいいんじゃないですかね。
それともやっぱり歌舞伎の描写が難しいってのがネックになってるのかなぁ。

毎週誰かが休載するサンデー。
目次欄の最後が空白だったことは滅多にないことです。誰かが休んでるんだよ、絶対に。
週刊連載がんばれよとサンデーの作家にいいたい。

posted by 松風久遠 at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。