2013年12月06日

「革命機ヴァルヴレイヴ ♯21 嘘の代償」


ドルシアの衝撃的な映像のあとで、モジュール77の格納庫へと足を踏み入れたバーネット。
そこで見たのはルーンを搾り取られる人々の姿だった。
イオリの父の姿もあるが、ルーンを搾り取られた結果死んでしまう。
ドルシアの総統は、これがモジュール77の真の姿だと、我々はこの脅威に立ち向かうため、ジオールに侵攻したのだと嘘をでっち上げる。
ジオールのモジュールで暮らしているのは人間ではない、とあたかもジオール人が不死の人間であるかのように言うのだった。
人の命を食らって生きる化け物なのだ。と。

続きを読む
posted by 松風久遠 at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァルヴレイヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。