2013年12月06日

「革命機ヴァルヴレイヴ ♯21 嘘の代償」


ドルシアの衝撃的な映像のあとで、モジュール77の格納庫へと足を踏み入れたバーネット。
そこで見たのはルーンを搾り取られる人々の姿だった。
イオリの父の姿もあるが、ルーンを搾り取られた結果死んでしまう。
ドルシアの総統は、これがモジュール77の真の姿だと、我々はこの脅威に立ち向かうため、ジオールに侵攻したのだと嘘をでっち上げる。
ジオールのモジュールで暮らしているのは人間ではない、とあたかもジオール人が不死の人間であるかのように言うのだった。
人の命を食らって生きる化け物なのだ。と。

続きを読む
posted by 松風久遠 at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァルヴレイヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月05日

視聴をやめたアニメ。


「ログ・ホライズン」と「アウトブレイクカンパニー」の視聴をやめました。
理由は「面白くない」の一言に尽きます。
次が見たくならないというか、続きが気にならないというか。
見ていても退屈なので。
「アウトウブレイク」は最初、異世界の人々に萌えやオタク文化を伝えるというのが面白そうだと思ったんですが、学校を建てたり、教壇に立って教えてる姿を見て、何か違うなぁと。
もっと他に教え方あるだろうに。
「ログ」は前にも書いたとおり、やっぱり絶望的に面白くないのは変わらず。
関西弁と猫の科白にイライラ。話はながら見だからもうわかりません。

来期は面白いアニメが増えるといいなぁ。

posted by 松風久遠 at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月04日

「彼方から」


ひかわきょうこさんによる王道ファンタジー漫画です。
「目覚め」として異世界に飛ばされた主人公ノリコが、「天上鬼」のイザークと出会って悪と戦っていくお話です。
イザークがね、とにかく格好いいんです。
すらっとした長身に長い黒髪。颯爽と動き回る姿がもう格好よすぎ。
そんなイザークに守られてるノリコがうらやましい。
ノリコがちょっと叫んだだけで矢のように飛んでくるんですもの。
ナイトというより忠犬っぽいw
二人の恋の行方も気になりますが、ストーリーの方も存外骨太で、14年もかけて完結されただけのことはあります。最後までぶれない、絵も変わってないところがすごいと思います。
世界観が終始一貫されているのもすごいところです。
文庫版で出ています。全7巻。

posted by 松風久遠 at 16:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月03日

「ガンダムビルドファイターズ ♯9 想像の翼」


けやきが丘区・中学美術展の会場前で口上を垂れていたヤジマ・キャロライン。
チナに向かって「リベンジを果たさせてもらいますわよ!」と指を突き刺すのだが、チナからは「キャロちゃん」と緊張感のない返事が返ってきて…
キャロラインの絵は金賞。チナの絵は特選。金賞よりも高い特選の評価。
「不思議の森のベアッガイ」がチナの絵だった。
ロボットじゃなくてガンプラと教えられたのだが、キャロラインはガンプラを知らなかった。
黒い人が教えてくれる。アニメ、機動戦士ガンダムのプラモデルの略称です、と。
コウサカ・チナ、この屈辱、絶対に忘れなくてよ。と心の中で誓うキャロラインだった。

続きを読む
posted by 松風久遠 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダムビルドファイターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月02日

まお…まおう…


やっちまいました。
切っちゃいけないところを切っちゃって、腕がくっつきません。
ガンプラの話です。
部品注文するのに郵便局へ。部品が二個で80円。送料が120円て…送料の方が高くつくなんて…
200円分の定額小為替を買うのに手数料が100円。そして注文表を送る80円切手。
部品二個が欲しいだけなのに…その他の手数料でこんなにかかるなんて。
もっとしっかり意識を持って作らなければ。
ケアレスミスが命取りだわ。

ところで、マオのガンダムX魔王の「魔王」ってマオにかかってたって気づいてました?
まおう…まお……
ガンプラの説明書読むまで気づかなかったです、私…
鈍すぎる?

posted by 松風久遠 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

「マギ」


原作変える必要がない、と監督はインタビューで言っときながら、第一期から原作無視で突っ走ってきた「マギ」それは新章マグノシュタット編になってからも変わらない。
原作では色恋沙汰の気もなかったのに、白龍にモルジアナに告白させて、あまつさえキスまでさせてしまった。ここまで原作無視となると、逆に開き直れるってもんだ。
現在はティトスを出し惜しみしている最中。
スフィントスだけが出てきてるけど、声が逢坂良太で、ハルトの時とはまた違った声で驚いた。さすがにプロの声優だな。やってる役がヘタレなだけで。
アリババが剣闘士になるためにレーム帝国に行くなんて話あったっけ?
養成所になんか入った覚えはないけど。
原作つきでアニメにするからには原作通りにやって欲しいもんだ。

posted by 松風久遠 at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。