2013年11月23日

「八犬伝」


完結を待たずして処分してしまった碧也ぴんくの「八犬伝」をネットで買い直した。
全15巻で1800円。商品はきれいで良い感じ。マンフーブックさんありがとう。
同じくニューエイジ八犬伝「BLAIND GAME」全10巻を640円で駿河屋さんで買う。
こちらは日焼けありの、B品で、ブックオフの値札がついたまんまだった。ちょっとちょっと、駿河屋さん。値札くらいはがそうよ〜。まぁ、安いから仕方ないけど。
二十年前の作品、今見ても古くさい感じがちっともしない。
碧也さん、今はどんな作品を描いてるんだろう。

八犬伝、好きなんです。
OVAの「THE八犬伝」がきっかけで知り、あのなんともおどろおどろしくもある作風に魅了されてしまった。
八つの珠と牡丹のあざを持つ八犬士が玉梓に翻弄されながら、邂逅していく物語。
OVAは描写が割とエグかったので、インパクト強すぎて、今でも思い出される印象は強烈。
信乃と親兵衛がかわいかった〜。

何年か前にタッキー主演で正月ドラマにもなってるけど、あれはそんなに良くなかったなぁ。
配役がいまいちだった覚えがある。
あと、玉梓がちゃちかった。

二十年振りに、ゆっくり読み返そうっと。

posted by 松風久遠 at 15:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。