2013年11月22日

「革命機ヴァルヴレイヴ ♯19 悲しみは降る雪のごとく」


流木野はエルエルフの残した文書を探し当てていた。
そこにはヴァルヴレイヴの隠し方と現在進行中の作戦、合流ポイントの指示が書かれていた。
四号機を見つけて、「カーミラ! これさえあれば」と喜ぶ流木野だったが…


続きを読む
posted by 松風久遠 at 18:04| Comment(2) | TrackBack(1) | ヴァルヴレイヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。