2013年11月13日

「東京レイヴンズ」


まず、タイトルがダサいなぁと思ったw
ラノベが原作のアニメなのに内容が薄い。圧倒的に説明不足で既成事実だけを元に話が展開していく。
腐女子な寮母二人に夏目を裸にむいてる所を写メに撮られるが、あれは夏目の式神だったの? だから男の体なの? 春虎だけじゃなく、他にも式神を使えるの?
だいたい、夏目があれで男装しているなんて、ちゃんちゃら可笑しい。どっからどう見ても少女じゃん。どう間違えたら美少年に見えるんだ。そんな夏目に恋してる京子って一体どういう思考回路をしてるんだろう。
ラブホテル街にまで追ってくる寮母二人が信じられない。
春虎もさっさとラブホ街を出ればいいのに、ホテルに入っちゃうし。
結局そこは普通のビジネスホテルだったとかいうオチはついてるし。
全体的にはコンとの関係を疑われるというオチ。あり得ない…
そんな第六話。
自分が式神のくせに護法式のコンを持ってるって…
原作読まないと細かなことはわからないんだろうなぁ。
春虎を石川界人さんがやってるんだけど、魅力ゼロ。レドの時の美声はどこへ行ったー。
まあ、見ていられないほどひどくもないので、視聴は続けるけど。
もうちょっと面白くなんないかなー。


posted by 松風久遠 at 15:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。