2013年11月23日

「八犬伝」


完結を待たずして処分してしまった碧也ぴんくの「八犬伝」をネットで買い直した。
全15巻で1800円。商品はきれいで良い感じ。マンフーブックさんありがとう。
同じくニューエイジ八犬伝「BLAIND GAME」全10巻を640円で駿河屋さんで買う。
こちらは日焼けありの、B品で、ブックオフの値札がついたまんまだった。ちょっとちょっと、駿河屋さん。値札くらいはがそうよ〜。まぁ、安いから仕方ないけど。
二十年前の作品、今見ても古くさい感じがちっともしない。
碧也さん、今はどんな作品を描いてるんだろう。

八犬伝、好きなんです。
OVAの「THE八犬伝」がきっかけで知り、あのなんともおどろおどろしくもある作風に魅了されてしまった。
八つの珠と牡丹のあざを持つ八犬士が玉梓に翻弄されながら、邂逅していく物語。
OVAは描写が割とエグかったので、インパクト強すぎて、今でも思い出される印象は強烈。
信乃と親兵衛がかわいかった〜。

何年か前にタッキー主演で正月ドラマにもなってるけど、あれはそんなに良くなかったなぁ。
配役がいまいちだった覚えがある。
あと、玉梓がちゃちかった。

二十年振りに、ゆっくり読み返そうっと。

posted by 松風久遠 at 15:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

「革命機ヴァルヴレイヴ ♯19 悲しみは降る雪のごとく」


流木野はエルエルフの残した文書を探し当てていた。
そこにはヴァルヴレイヴの隠し方と現在進行中の作戦、合流ポイントの指示が書かれていた。
四号機を見つけて、「カーミラ! これさえあれば」と喜ぶ流木野だったが…


続きを読む
posted by 松風久遠 at 18:04| Comment(2) | TrackBack(1) | ヴァルヴレイヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

「SPEC」


再放送を一応全部見たんですが、どこが面白いのかわからなかった。
堤幸彦という監督と、とことん相性が悪いらしい。
当麻のお習字、ビリビリ、投げ捨てる、頂きました。
のお約束のシーンとかがいいのかな。水戸黄門のこの紋所が目に入らぬか的な。
最期に映画化とか絶対しねぇから、とか言ってたけど、しっかりしてるじゃないですか。
三本も。「天」は録ってあるけどまだ見てないや。
断じて今公開されてる映画を見るために見たんじゃない。
人気がどの辺にあるのか探るために見たの。

残ってる謎なんてあるか? それ言っちゃあ、全部が全部謎なんだけど。
一十一は死んじゃったし、ラスボスだった城田優も死んじゃったし。
後は椎名桔平がどうしたかくらい?

神木くんがかわいかったなぁ〜
小さいときから見てるから、大きくなったなぁって親心で見てしまう。
幼稚園児の時から黒幕張ってたくらいだから、今回の一十一もハマり役だったね。
「パズル」だっけ。これも堤監督だったら笑えるんだけど。

posted by 松風久遠 at 15:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

星野桂。


ジャンプSQ.の目次にないので、D.Gray-manの連載が終了したのかと思って調べてみたら、三月頃から休載が続いているとのことで、びっくりした。
ジャンプ本誌からSQ.に移ったのに、また休載してたんだ。
どっか悪いのかな。本格的な病気? ひどい腱鞘炎とか?
どちらにしても、あんまり興味はないですけど。
好きでも何でもないしね。
ただ、続きを楽しみにしてるファンの方はさぞ心配だろうなと思って。

posted by 松風久遠 at 17:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

「ガンダムビルドファイターズ ♯7 世界の実力」


決勝戦の相手はガンダムXX。
軍団の魔術師と呼ばれる対戦相手は、やっぱり「ガンダムX」の登場人物のコスプレをしていますw。
Gビットという無人MSを12機も出して来る。
「戦いは数だ」というが…レイジは次々とGビットを撃破。全滅させる。
サテライトキャノンを使わせるまでもなく、親機を打ち抜くのだった。

車の中で観戦していた一味は一体。
白い女の子が言うとおり、セイたちが勝った。
「おまえは賢いな。拾ってやった甲斐もある」
何者なんでしょう。

続きを読む
posted by 松風久遠 at 17:37| Comment(2) | TrackBack(0) | ガンダムビルドファイターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

映画に行くこと。


月に一度、母と映画を見ることにしています。
水曜日はレディースデイで千円で見られますので、それを利用して。
が、先月は見たいものがなかったので行きませんでした。
今月もまだ行ってません。
「風立ちぬ」も結局見にいかなかったなぁ。ジジイが「自分の映画で初めて泣いた」映画なんて面白いんだろうかと疑問に思ったことと、庵野監督の棒読みについて行ける自信がなかったから。
興行的には大成功したようだけど、私は見にいかなかった。
母がアニメと邦画を嫌うので、なかなか見るものがなかったりして。
最近封切られるのって邦画が多いんですよねぇ。
邦画は駄目だ…

posted by 松風久遠 at 15:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

「ガンダムSEED-D SS明日があるなら(後)」


レイの生きている戦後を妄想した「明日があるなら」後編です。
今度はレイ視点で話が進みます。
果たしてレイの声は戻るのか?

では、どうぞ。

続きを読む
posted by 松風久遠 at 15:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。