2013年08月28日

「犬とハサミは使いよう ♯9 犬無いところに煙は立たず」


本田書店にて、本の買い物。
ストーカーが今でも時々襲ってくると、その度に返り討ちにしていると。夏野はしれっと言う。
入り口の窓に怪しい影。
「おすすめの本があるんです。良かったら読んでみませんか?」
と桜が取り出したのは、「蛍星恋話」藤巻忍著。温泉にあった、あの本だ。
マンションに帰り着くと、和人が真っ先に部屋が荒らされている! と異変に気付くのだった。
一見、どこも荒らされているようには見えないが、本が一冊増えている、と。
増えた本とは「蛍星恋話」藤巻忍著。だった。
「私じゃないわよ、あなたが買って忘れてたんじゃないの」
和人が一度買った本を忘れる訳が無い。
それじゃあ、一体?
あのストーカーが? でも円香が窓ガラスを破ってきてから、警備会社にも頼んでいるのに、どうやって?
手ががりはこの本だけなんだから、と和人は本を読み始める。
夏野も読むと言い始める。
書店では桜が映見にあの本、夏野さんとわんちゃんが買って行ったわよ、と話していた。
不覚にも本を読む夏野の姿にときめいてしまう和人。
何故だ、何故こんなに胸が高鳴る…
もう辛抱たまらーんと、夏野の胸にダイブする和人だったが、ゴミ箱へ犬神家よろしく突っ込まれるのだった。
言えない、夏野の読書姿にときめいてしまったなんて。
あらあらあら、活字オンリーじゃなかったかしら?
「わかったよ、惚れればいいんだろ、夏野さん、大好き!」
「なによ、急に、このエロ犬は〜」
赤くなってもぞもぞする夏野。
それより気付いた? この作家、本当に新人かしら。新人作家にしては完成されすぎているし、キャリアのある作家が、わざと作風を変えて書いた…そんな印象さえ感じたわ。
俺も気付いたことがある、この本、おまえの、秋山忍の本にそっくりだ。
ええそうね、読んでいてまるで自分が書いたような気がしてきたわ。
秋山忍の強い影響、執着にも似た強い思い。何者なんだ、藤巻蛍って。
検索サーチでググってみるが…経歴は発表していない。
あれに頼るしかないわね、と柊編集者を呼びつける。
何故かパラシュートで降下してきた?!
藤巻蛍について知っていることを全部吐きなさい。
柊から得た情報。住所、性別、年齢、家族構成まで。
本名まではわからなかったが、まさか女子高生作家だったとはね。
しかもあの、大澤愁山の娘だったとはな。
秋山忍に似てるってこと意外に、気になることがあるのだが、それがよくわからないんだよなぁと和人。
藤巻先生のデビューには色々と謎がありまして、と柊。
実力は確かですが、先方に大澤先生の圧力があったとか。あくまでも噂です。
とにかく行ってみるしかなさそうね。
行くってどこへ?
決まってるじゃない、藤巻蛍の所よ。

藤巻蛍の住所は、浅野台駅、和人の高校がる街だった。
自然と本屋に入ろうとする和人を、引き留める夏野。
「そこまでくると、もう病気ね」
受験なんかよりおまえのほうが大事なんだから、と受験の日の話をする和人だったが、夏野がそのワードに反応する。
「今なんて言ったのよ、もう一度言いなさいよ」
ともじもじしながら問う夏野。
「受験より、おまえの本の方が大事だって言ったけど」
「本?」
「そう、おまえの本」
勝手に勘違いしといて、デレた夏野が和人をお仕置き。
電柱に、怪しい人影が……

「約束、だよ」
窓辺で一人佇む映見が呟いていた。

廃工場跡を、近道だからと通る和人たち。
「思い出に浸っているところ悪いんだけど、私たち、囲まれてるわ」
温泉の時と同じように、商店街の人々が、大挙して押し寄せた。
これも藤巻蛍の仕業なのか? それを確かめる為にも、この状況を何とかしないと。
犬キャノン…
哀れ和人は先陣切って、人々の中へ放り込まれるのだった。
気付くと夏野が全部片付けた後だった。
「答えはあいつに聞いてみましょうか」
現れる、怪しい人影。とは、大澤愁山だった。
「で、どうしてこんなことをしたのか、説明して頂けますかしら?」
縛られて吊されている大澤愁山。
「これ以上、こんなことを続ければ、ついうっかりおもらししてしまうかも知れないぞ。儂ももう年だからな、下の具合はすこぶる悪いのだ」
下ネタかよ!
夏野に蹴りつけられる愁山。
「私の部屋に本を置いたのもあなたね? 警備会社のセキュリティを破ってどうやって進入したの?!」
「その警備会社のオーナーに頼んで、こっそり警報装置と部屋の鍵を外してもらったのだ」
「なんで警備会社がそんなことを」
「あの会社の社長は儂の幼なじみでな、小学生の頃、奴が大きいのを漏らしたのをかばって以来、儂の頼みは何でも…」
「下ネタかよ!!」
「なんでそんなことをしたの」
「決まっている、娘に頼まれたからだ。秋山忍に本を渡してほしいと」
どうしてあんなわかりにくいやり方をするのかと問うと、貴様は娘に悪影響を与えかねんからな、と。娘に近づくのも、作家を名乗っているのも汚らわしいと。
要するに親ばか父さんが娘可愛さあまりに暴走したってことか。
「娘をたぶらかす鬼め、悪魔め、腐れ外道め。所構わずハサミを振り回す無頼漢め! そんなことだから、暴徒に襲われたりするのだ!」
ハサミ一閃、縄を切り落とす夏野。
「やっとわかったわ、大先輩。今、そんなことだから襲われるんだって言ったわよねぇ。つまり、あの男達はあなたが仕掛けた訳ではないっていうことね」
「ということは、黒幕はこいつじゃなくて…」
「そう事件の黒幕はやっぱり藤巻」
娘には関係ない、全ては儂がやったことだと、娘は何も知らない、本当に何も…!
藤巻蛍の狙いが何かまでは分からなかった。
だが、娘はおまえに会いたがっている。

メモの住所は東川高校だった。
和人のクラス、二年A組、そこからいってみようか。
夏野とは別れて、和人は図書室へ。部屋の奥の小部屋に入る和人。夏野の大罪シリーズを押しのけて、出てきた原稿用紙の束。
そこへ、
「やっぱり和人くんなんだね…お帰りなさい、和人くん」
大澤映見がそこにはいた。



posted by 松風久遠 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 犬とハサミは使いよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「BROTHERS CONFLICT ♯9 夢幻」


戸籍謄本には日向麟太郎の「幼女」と記されていた。
パパは本当のパパじゃなかった……!
公園のベンチで雨に濡れながらパパのことを思っていると、七男棗が現れる。
主人公が帰らないという連絡をもらって探していたのだという。
次男に連絡をいれようとする棗を、帰りたくないんですと押しとどめる主人公。
棗のアパートに行くことになる。
棗の飼っている二匹の猫は梓と椿というらしい。なんで兄弟の名前なのかは話すと長くなるというので、とりあえず中に入ってシャワーを浴びる。
替えのスウェットがジャストサイズなのは何故。棗のならぶかぶかの筈。抜かったな、スタッフ。
戸籍謄本を棗に見せると、どんどん自分を追い込んでいく主人公。
帰ろうとすると、棗に抱きしめられて、キスされる。
主人公の魔性はついにマンション外にも広がっていた……!
「これだけは言っておく、俺は生半可な気持ちでキスなんかしない。他の兄弟たちと同じように俺もおまえに夢中になっているってことだ」

主人公が朝食を作っていると、シャワーから上がった上半身裸の棗が出てくる。
エエ身体してまんなぁ。
昴の手前もあるし、だいたいは走ってるという棗。
朝ご飯を机に並べて、あの連中毎朝こんなうまそうなもん食ってんのか。ちょっと羨ましいなという棗に、照れてそんなたいしたものは作ってませんと答える主人公。
そこへ八男とジュリがやってくる。
昨日主人公がシャワーを浴びている間に家に連絡したのだそう。俺の家にいることぐらい言っとかないと、誰かが警察に通報しそうな勢いだったから、
八男に、「謝ることない、無事ならそれでいい」と言われるが、ジュリはそうは行かなかった。棗によくもチィをかどわかしたなー! と顔に飛びかかってしまった。
朝ご飯が済むと、八男が良かったらこれ着てみて、と洋服を取り出す。髪もアレンジしたいな。
先に棗がマンションへ行って話を通しておくことになり、主人公はおめかしすることに。
戸籍謄本を八男とジュリにも見せるのだが、八男が公園でボートに乗ろうと言い出す。

八男が話し出す。自分も兄弟の誰とも血が繋がっていないことを。
チィちゃんと同じ、僕も養子。
施設にいて、二歳の時美和さんに引き取られた。養子に来た時には七男まで兄さんがいたけど、昴から下の五人は生まれてなかった。だから五人はこのことを知らない。
子供の頃はよく悩んだ。母さんは皆と同じように接してくれて、だけどだからかえって意識した。自分が養子だって事。血が繋がってないと本当の家族じゃない気がして自信が持てない。だから自分がいていいのかわからなくなる。
頭では分かってるつもり、でもやっぱり違うんだよね。でも、そのうち考えが変わってきた。僕のお母さんは美和さんで、家族は朝比奈家の皆。そう思うようになった。
「チィちゃん、大切なのは血じゃない、繋がっているべきなのは心」
八男は二歳の時の記憶があるんだろうか…朝比奈家の父は?
「一緒に帰ろう。あのマンションは僕たちの家、家族のいるところだから」
そしてほっぺにキス。

主人公の胸で居眠りを始めるジュリ。
「ジュリさん、昨日の夜、全く眠れなかったみたいだから」
八男までもが欠伸をして、眠ってしまった。
釣られて主人公も夢の中へ。
夢の中では人間になったジュリが! キャー! 一番カッコイイ! 好みだーー!!
一度で良いからこうして人間としてチィと向き合いたかった。その夢が叶った。
チィの生い立ちは全て見てきた。私は全て知っていたのだ。チィの本当のご両親はチィがまだ生まれたばかりの頃に相次いで亡くなった。そんなチィを実の子として引き取ったのが、麟太郎だったのだ。麟太郎はチィを心から愛し、育て上げた。
でもいつかは真実を話さなければ、と思っていたはずだ。中々言い出せなかっただけで、チィのことを愛していたが故に。
だから私も言い出せなかった。済まなかったな、悲しい思いをさせて。
「いつも側にいてくれてありがとうね」
ジュリに自分から抱きつく主人公。
「言うつもりはなかったんだが、どうしても伝えたいことがある。愛しているよ」
ほっぺにキス。
夢、終わり。
今のは夢? と、ケータイが鳴り、パパからメールが。「近々日本に戻ります」と。
添付されていた写真は夢で見たのと同じ風景だった。

マンションは帰り、いの一番で謝る主人公。
皆が言ってくれるおかえりなさい、と。
心配かけたおしおき、覚悟しておいてね、という末っ子にビックリするが、それは十二男の残したメモの内容と同じだった。
主人公は夕食を作ることを買って出る。
ぼく、ハンバーグがいいな、カレーも食べたい。ハンバーグカレーは? と末っ子がまとわりついて来る。
夕飯はハンバーグカレーに決定。
寸胴鍋にいっぱいのカレー。男どもはハンバーグの成形を。
「やっぱりチィは笑った顔が一番だな」
とジュリ。

何で主人公が養子である必要があるんでしょう。
兄弟たちと他人であることを強調するため?
うーん、よくわかんないなぁ。

posted by 松風久遠 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | BROTHERS CONFLICT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。