2013年08月19日

日常


毎晩家の前の道路をぐるっと一周ウォーキングしてます。
足の裏は第二の心臓ともいわれていることですし、血液を循環させるために歩くのはいいのです。
そんなウォーキング中の日常的小話を二つほど。

その1
歩いていると、必ず蜘蛛の糸に引っかかる。それも二、三度。これが鬱陶しいのなんのって。振り払おうとしても中々取れない。たった四十分の間になんでこんなに引っかかるのか、運が悪いのか何なのか。防ぎようがないので困ってます。森の中でもないのに、何故。

その2
防犯向けに、センサーでライトがつく装置をつけている家も多いですが、住宅街の出入り口にある家のライトをつけることに命をかけてます。ライトがつくかつかないかのギリギリの線でつけるのが快感。
でも出入り口なので車通りが激しく、邪魔されることもしばしば。何故あと一分遅く来れないんだ、とか。ミニバイクも敵。たまに歩行者もいるから侮れない…

そんなこんなな平凡な日常。
今日は整体いくから歩かないけどね。



posted by 松風久遠 at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。