2013年08月07日

「犬とハサミは使いよう ♯6 雨降って犬固まる」


本田書店へ和人は本を買いに。
夏野に本名を書いてもらい、それを店員の桜に渡して買っているのだろう。
バッグを装着して本を買う姿は健気ですらある。
弥生が帰ってきて、和人をモフモフする。
「もうすぐ新稲葉からいなくなっちゃうかも知れないんだった」
意味深な科白を吐く弥生だった。

「そういえばもうすぐ新稲葉からいなくなっちゃうかも、なんて言ってたけど…」
「夜逃げでもするんじゃないの?」
本田書店で本が買えなくなる、本が買えなくなる…
「俺とあの本屋の間には、聞くも涙、語るも涙の話があるんだよ」
話を夏野に聞いてもらえなかった和人。
「仕方ないわね、聞いてあげるわよ、あなたと本田書店の出会いの話とやらを」

あれは去年の春、高校に入るため、新稲葉を訪れた時のこと。その日は住谷荘の管理人さんと始めて挨拶をする日だった。約束よりも一時間も早く着いてしまった和人は、本を求めて駅前の本田書店に入ったのだった。
店の中では客がクレームを付けているところだった。
秋山忍の傲慢。我慢出来なくなった和人は、割って入って、客に説教を始める。
時はすぎ、客はとっくに帰ったのにまだ説教を続けていた和人。
そこへ金属バットを振り上げた店主が和人に襲いかかる。
間違いとわかるなり、土下座。
お詫びに家の本を一冊持っていってください、と。サービスとはなんて良い店なんだ、と和人は喜々として本を選ぶのだった。
「これは大手書店でも希なマニアック本だ…! これがあるとはこの店やはり……!」
「お客さん、それを手にしたね、あんた…」
『この店主、この客、ただ者ではない!』
ついでにポイントカードも作っとくか、ちょっとおまけしとくね、と店主。
気が付けば午後五時、二時間のタイムロス。
慌てて書店を出る和人。
駅前ではどこから突っ込んで良いかわからない人物が待っていた。

回想開けると、夏野は寝ていた。
これはリベンジのチャンスでは、と貧乳を連呼する。
夏野覚醒。「九回ほど殺すわ」刈られる和人だった。

「本田書店の件、調べてみるか」
と、書店を訪れる和人。中では桜と弥生が言い争っていた。
和人を連れて店を飛び出す弥生。
「お姉ちゃんはお店がなくなっちゃってもいいと思ってるんだ」
「だから弥生、色々考えたのに」
「お店繁盛の秘密兵器なんだよ!」
旗つきの帽子を取り出す弥生だった。これを被るのは和人の役目だった。
「本田書店、本田書店をお願いしま〜す」
商店街を練り歩く弥生と和人。
女子高生に抱っこされてモフモフされる和人をネットで見て、殺気を飛ばす夏野だった。
アフロにも会う。この黒いマリモ被った人呼ばわりの弥生。
無駄に輝くあの人も現れた。
キラキラに感動した弥生は黒服に入れてもらう。
本田書店が輝いていないのなら、私が輝かせてあげるわ、とマキシ。
それはイヤだという弥生。
「パパのお店が好きだもん」
駆け出す弥生を追う和人。
夕刻、弥生を心配して店の前でうろうろしている桜。
そこへアミがやって来て、本を手渡す。
読んでおくね、という桜に、ネガティブ思考のアミはどんどん自虐的になっていく。
今度はネガティブキャラか。

帰り道がわからなくなった弥生は、泣き出す。
和人は道なら自分がわかるから、と励ますのだが。
お菓子で釣ってみるものの、弥生には通じず。
本気で泣き出した弥生に手を焼いていると、そこへ夏野がやって来て、発信器をつけてあることを殊更言う。
帰りましょうという夏野に、今日は帰りたくないという弥生。
「何で帰りたくないの?」
「お姉ちゃん、弥生のこと怒ってるから」
謝りに帰ることに。
開口一番、出て行ったきり戻ってこないから、心配したのよと桜。
ごめんなさい、夜遅くなちゃったことも、お姉ちゃんを大嫌いっていっちゃったことも。
いいのよ、いいんだから、と弥生を抱きしめる桜だった。
「知り合いにこの店の熱狂的なファンがいるの。お店がなくなったら悲しむのもわかるわ。で、その辺りどうなのかしら、本当にここ、潰れるの?」
「そんなことありません!」
誰がそんなことを? その弥生がよ。
父母の喧嘩を見て、離婚→一家離散→慰謝料→天涯孤独になると思ったようだ。
お父さんとお母さんは本気で喧嘩してるわけじゃないのよ、と桜。
「ほんと? だっていつもパパがママにすっごく殴られて」
そこへ転がってくる店主。
「大丈夫、これはこれで愛情表現なのよ」
結論、私たちが離れ離れになることも、お店が無くなることもないのよ。

言葉が通じるって大事なことだよな。
恩人の夏野にそのへん言っといた方がいいんだろうか、と考える和人だったが、帰ったらお仕置きね、の言葉に考えを変える。
「ねぇ、今私に感謝してたでしょー?」
「全然−!」




posted by 松風久遠 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬とハサミは使いよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「BROTHERS CONFLICT ♯6 写真」


花見があって、二十六日に試合があって、今回入学式って季節感可笑しくないですか?
仮にこれが三月だったとしたら桜が咲くには早いし。
桜はもう散り始めていたのに……

高校の入学式、案内係を務める主人公と十一男のもとへ、六男が現れる。
驚く二人だったが、この高校に通うことになった十二男の保護者としてやって来たのだ。
タクシーを乗り付け、やって来た十二男。黄色い声が飛び交う。
「おはようございます。今日から日の出高校に入学することになりました。朝比奈風斗です」

十一男と喋っているうちに、昴と様子が可笑しいと見抜かれた主人公はあわてて、講堂の方を見てくると言い残してその場を去る。
「大丈夫、ちゃんと整理はつけてるし…」
本当につけてるんだろうか。なかったことにしてるだけなんじゃあ。
並木道に十二男が寝ているのを発見するが、またもからかわれる主人公であった。
どうでもいいけどシャツの前開けすぎ。
「どう、僕の演技力」
入学式はつまんないから出てきたという。
背が伸びたから、今はあんたの顔を上から見られる。
キスされそうになるが、息を吹きかけられただけですんだ。
「楽しみにしてて、これからはとても刺激的な高校生活をプレゼントするから」

夜、主人公の撮った写真で盛り上がる一同。
結婚式やお花見の写真と一緒にプリントしようかと思っていたと主人公。
そしたら長男が母さんの写真立てがあったはずだから、と棚から発掘。
兄弟のアルバムも一緒に発掘。
六男の一人で写っている写真は五男が撮ったもの。ぶれてるし、心霊写真じゃねーの?
「あげようか、その写真」
六男が出し抜けに言う。
欲しいです、ほんとにもらっていいんですか? と主人公。
赤くなる六男。何故。
「今のって抜け駆け?」
五男が言う。抜け駆けしたのはおまえだろうが。

それぞれの部屋へ帰ろうとしていた時、五男が六男に言う。
「あのさぁ、はっきり言っとくけど、いくら梓でも俺、彼女のことだけは譲らないよ」

マンションの入り口で、七男と九男が口論している。
九男は相変わらず突き放したような態度である。
「昔のことで俺に不満があるのはわかる」
昔何があったの?
「本当は俺じゃなく、あいつのことが気になってるんじゃないのか!」
話はここで終わり。
門の所で立ち聞きしていた主人公と七男が鉢合わせる。ゲームのサンプルを貰った。
エレベーター前で十男と出くわし、七男と九男は兄弟だから大丈夫、とアドバイスをもらう。
部屋の前では六男に出会い、アルバムを手渡される。
お礼のつもりだからと。例のアニメ本格的に動き出したらしい。
「君がいなかったら、僕はあの役をやれなかった。椿を深く傷つけてしまっていたと思う。君のお陰で僕は変わることができた。ありがとう」

夜、六男と七男が電話で会話。
「そういう訳だから、遅くなったけど君にも心配をかけたみたいだし、報告しておくよ」
「律儀だな。ま、丸く収まったんならよかったよ。でも大丈夫か、そのアニメ、正式にゲーム化も決まったし、ハードになるんじゃないか?」
「でも正直驚いたよ、俺、おまえがあの役断ると思ってたから」
「彼女のお陰だよ」
「でも意外だな、おまえが梓以外の言うことを聞くなんて。おまえら、なんか変わったんじゃないのか? 俺がそのマンションを出た時と。それってあいつの影響か?」
「いや、ただの妹だよ」

主人公がリビングで写真の整理をしていると、五男がやってくる。
「随分大事にしてるんだな。まるで彼氏の写真みたいに」
心霊写真を見てそう言う五男。
またも台本の科白ネタでからかわれる主人公。いい加減このパターン飽きたんですけど。
主人公をいきなり抱きしめる五男。
「俺は謝らないよ、だってあれはその場の勢いとか気まぐれなんかじゃない。俺は真剣なんだ。それを証明する」
と、主人公にキスをする五男。
だが、今度は主人公が拒んだ!
そのまま睨み合って、主人公はソファーに押し倒される。
「好きだ。好きなんだ。絶対、誰にも渡さない」
またキス。今度は主人公も拒まない。目を閉じそうになった時、六男がやって来て、五男の腕を掴んで主人公から引きはがした。
「俺、言ったよね、例え梓でも彼女のことでは譲らないって」
「うん、聞いたよ」
「分かっててやってるんだ」
「そうだよ、わかっててやってる」
今夜はもうこれで終わりだ、と五男に言いつける六男。
台本を握り締めて、おやすみ、と去って行く五男。
「僕には椿を叱る権利はない。僕も、同じなんだ」
夜空では満月が煌々と辺りを照らしていた。

一体兄弟の何人を誘惑してるんだ、この主人公…!
まさに魔性の女。
よくも同じ屋根の下に暮らせるもんだ。

posted by 松風久遠 at 16:54| Comment(0) | TrackBack(1) | BROTHERS CONFLICT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。