2013年07月17日

「犬とハサミは使いよう ♯3 飛んで火に入る冬の犬」


朝、妹の円香に起こされる和人。
すると夏野が現れて…二段夢オチでしたとさ。
「夢か、夢の中まで現れるとは恐るべしシザーウーマン」
「円香、元気にしてるかな……」

「誰」
座卓で誰かが突っ伏している。
夏野の担当編集者、柊鈴菜だ。
和人のことを「魔界一邪心といわれたゼルゲノム様」と呼んでいる。
妄想癖があるらしい。
和人の言葉は通じてない。
書林社といえば大罪シリーズを出しているところ。
作家と編集者の打ち合わせを目の前にして、興奮する和人。
「秋山忍はスランプ中」らしい。
夏野に切られて喜ぶ柊。どMのようだ。
妄想癖の上にどMかよ、と和人に突っ込まれた所で「今日の所はこれで失礼します」。
この辺りで通り魔騒ぎが起きているらしいと言い残して帰る。
早速新聞で確かめる和人。確かに事件は起こっているらしい。
「いつからスランプなんだ?」
「八月の中頃からかしら」
「三ヶ月前…それって俺が…」
「ん〜成る程、八月の中頃といったら貴方がここに来た頃よね。ということは。見つけた、スランプの原因」
和人はシチューの具に!
はなっていませんでした。背中をハート型に切り裂かれただけで済みました。

柊がまたやってきて、原稿の催促をするが、どういうわけか私を罵倒して下さいという始末。
通り魔事件は今まで、女子高生、OL、サラリーマンが襲われているらしい。
唐突に、通り魔犯を捕まえにいくという夏野。
お姉ちゃんにはなにも教えて貰えなかったらしい。

書店で聞き込み。
秋山忍の本で犯人を追っ払った女の子がいたとか、その次に被害にあったOLさんは家で秋山忍の本を買った後に襲われたらしいとか。
次は通りかかったサラリーマンに聞き込み。襲われたのは自分の同僚で、秋山忍の本を喫茶店で読んだ帰りだったという。

マッチョマンの集団に出くわすが、夏野はスルー。
また、無駄に輝く少女に出くわすが、これもスルー。
「シャイニング! 太陽よりも輝いてる私!」
少女が秋月マキシであることに気が付く和人。
シャイニング・ビューティー、秋月マキシ。作家デビューと同時にアイドルとしても活動開始、若者に絶大な人気を誇る、カリスマ・アイドル作家。
「最近つきまとわれちゃって。どうやって私の素性を知ったんだか」
乳対決に持ち込まれるが、マキシの時間の都合で勝負はどっちつかずで終わる。
「だから仕事の合間に逃げ出すなといっているだろう」
この対決はあまりにしょーもないので割愛させて頂きました。

事件のまとめをしているところへ、悲鳴が。
アフロが襲われた! 髪を切られただけどいうが…
夏野は怪しい人影を見つけ、追い掛ける。
和人は何故か路地の奥が気になって…「気になる、なんの気配だ…」
秋山忍の「怠惰」を餌にあまりにも原始的な罠が。
あっさりかかる和人。頭も犬並みになってしまったのか。

円香の夢を見る和人。
秋山忍の大罪シリースを読み終えた、と。
どこが良かった? と興奮する和人。
目が覚めると、そこは見知らぬ天井ではなく、見知った天井。住谷荘だった。
おまけにまた、簀巻きにされている。
すると、奥から人が出てきて、
「おっはよう。やっと会えたね、和兄」
円香だった。

三ヶ月って結構作中では時間が経ってるんですね。
通り魔の正体も気になりますが、円香に和人の言葉が通じるのかどうかも気になります。


posted by 松風久遠 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬とハサミは使いよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「BROTHERS CONFLICT ♯3 約束」


十二男に言われるがまま、部屋へ招き入れる主人公。
毛を逆立てて怒っているジュリを「それどっかやってくんない?」と言われ、バッグの中に閉じ込める。この作品の良心が! ただ一匹まともなジュリをそんな扱いか! 動物虐待だ!
あのDVDの山はどこへ? たった三枚になってるんですけど。
完璧に主人公を弄んでいる十二男。
演技論を語り始める。
「なんで今まで気付かなかったんだろう。可愛いよ。これからは姉さんって呼ばせてもらっていい?」
キスをしようとするが、都合良く部屋のチャイムが鳴る。
十一男が来週の進路相談のことで話しに来たらしい。
鍵が開いていたので入ってくると、十二男を見つけて顔色を変える。そのまま連行。

木の上のジュリを宥める主人公だったが、機嫌は直らず。あっさり主人公は夕飯の手伝いに行って仕舞う。
「まったくチィの甘さには困ったものだ」
「ジュリさんはチィちゃんを守るナイトなんだね」
突然現れる八男。
「如何にも! チィが幼い時から私は……あぁ?!」
「ずっと不思議に思ってた。おまえ、私の言葉がわかるのか?」
「うん、僕いいこと考えた。ジュリさん、聞いてくれる?」
「チィちゃんを守る会」を作ろうという八男。普通にリスと喋るいい年した男…かなりシュールな絵面だ。

進路が決まらず悩む十一男。そこへ主人公がやって来て、進路表の保護者サインの欄に誰の名前を書けば良いか相談する。父は海外で、来月の結婚式まで帰って来れないので。
「取り合えず雅兄の名前書いとけよ、俺、頼んでおくからさ」
俺たち家族になるんだし、遠慮すんなというが。家族になるのに戸惑っていた奴の言う科白とは思えんな。

家に帰り、早速長男にサインと判子を押して貰う。

三者面談に現れたのは長男ではなく三男だった。長男に急患が入ってそのピンチヒッターらしい。が、どう見ても出勤前のホストにしか見えないw
主人公の第一志望校は九男の学校だった。どこまでかき回したら気が済むのか。
十一男の方に話が行くと、勢いで同じ所に行くと言ってしまうのだった。

キッチンで主人公がコーヒーをいれていると、次男がやってきて、もうすぐ結婚式だし、健康管理が大事、と表着を肩にかけてくれる。赤くなる主人公。
そこへ女装家の四男が帰ってきて、いきなり主人公を抱きしめる。
「実は頼まれ物があってね。あなたにこれを」
と主人公に箱を二つ渡す。
「愛のお届け物よ」ウインク。岡本さん、気持ち悪いです。

部屋へ帰って包みを開けると、中からドレスとヒールが。
「麟太郎さんと選びました。娘のためにドレスが選べる幸せをくれてありがとう」
との義理の母からのメッセージ。

今日はパパとママさんの結婚式。皆と家族になれる特別な日。
チャイムが鳴って現れる八男。
「チィちゃん」と呼ばれることをまだ不思議がっている主人公。
ドレスに合わせてメイクした方が良い、髪もセットした方がいいということで「やらせてもらってもいい?」ジュリと何気にアイコンタクト。

出た! 十三人も男を生み続けた美男製造器、美和さん! 細い! そしてお腹も出てない! 十三人も産んでお腹はたるまなかったのだろうか。凄い、凄すぎる…

部屋を出た主人公はほっつき歩くが、とある部屋の前で何か気になったのか、扉を開けて中に入る。
と、中には一人の男性が。「親族以外立ち入り禁止の筈だが」と、そこへ、兄弟達が揃いも揃って現れる。
男性は七男だった。「これは棗。俺と梓の弟」「僕たち三つ子なんだよ」「俺と梓は一卵性。棗は卵違いの二卵性の兄弟」。
これで全員コンプリート。ダメだ、吐きそうだ。

チャペルでの式も終わり、ホールのソファでのんびりしている主人公の所へ、七男がやって来て、名刺を渡す。主人公の好きなゲームを作っている会社に勤めているらしい。
バレるゲーマーな主人公の趣味。それを喜んだ七男は、最新作のサンプルとかいるか、送ってやると。
通りかかった九男の心配をする七男だが、主人公には心当たりが…あった。

ケーキ入刀。写真を撮りまくる主人公。ファインダー越しに九男と目が合い、なんとなくカメラを下ろすと、九男が「少し話せるか」と言って来た。
誕生日のことを引きずっている様子。主人公が先に切り出す、別に気にしていませんからと。あれは事故だったのだしと。
「あ、いや、ちゃんと謝らせてくれ。俺はおまえのこと、迷惑だなんて思ったことない、信じてくれ」
「はい」
すると、心底安心した様子で、じゃあ、と言って去って行く九男だった。

ブーケトス。美和お母さんが「えい!」と投げたブーケは当然ながら主人公のもとへ。
揃った兄弟が口々に喋るが、最後は皆そろって、「朝比奈家へようこそ!」

先の見えない、これからどうしたいんだろう、この作品……
主人公と誰かをくっつけたいのか?
それにしちゃあ話数が少ないよな。
九男が写真でも主人公を見ていたり、怪しいけど……

 
posted by 松風久遠 at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | BROTHERS CONFLICT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。