2013年07月10日

「犬とハサミは使いよう ♯2 犬は熱いうちに打て」


首輪をつけてみないかと夏野に言われる和人だったが、いやがる。やめろ俺は犬じゃない、犬だけど。
「地球が静止するのも世界が大海賊時代に突入するのも、全部俺のせいですよ」
前回の続きからじゃないのね。

夏野が住んでいたマンションは超高層マンションだった。
やっぱり首輪とリードは付けたほうがいいと思う。
途中、キラキラ無駄に輝く少女と出会うが、夏野は無視。

住谷荘。やっと前回の続きですね。
101号室が管理人である和人の部屋。102号室は空き部屋で本置き場。
表向き、102号室に住んでいることになっている和人だったので、警察も調べたのは102号室だけ、親が荷物を引き取りにきたのも102号室だけ。
101号室は手つかずである。こうして射殺犯は安全な隠れ家を手に入れた。という訳。

隣のドアが開いて、現れた射殺犯。逃げる相手を夏野たちは追い掛ける。
歩道橋で射殺犯を追い詰めるが、まだ捕まる訳にはいかないと豪語する射殺犯と夏野の格闘戦になる。
男は秋山忍の大罪シリーズを装備しており、「色欲」を読むまでは捕まる訳にはいかないと。
「秋山忍が、本が、あの男を変えたんだ…!」
持ち前のハサミで次々男の本を切り落としていく夏野。
最後は足蹴りで男を仕留める。
歩道橋の欄干に乗り上げた男を「犬のやることだもの、罪にはならない」と、突き落とすことを提案する夏野だったが、和人は欄干から男を引きずりおろした。
「こいつを殺したって、人間に戻れる訳じゃないし、第一それをやったらそれこそお仕舞いだ」
「あなたを殺したそいつをあなたが助けた私が殺す!」
「原因を作ったのは私、私のせいで死んだようなものだもの」
夏野はずっと自分を責めていたのだ。自分をかばって死んでしまった和人のことを、思い悩んでいたのだ。
それは違う、と和人は言うが、夏野はあの時私が本さえ書いていなければ、と自分を責め続ける。
そんな夏野にわからずや! と体当たりする和人。精一杯の反抗。
「俺は俺の思いに従っただけだ。誰のせいでもねぇ。おまえだってきっと俺と同じ事をしたはずだ!」
「あなたに私の何が分かるって言うの」
「俺はずっとおまえの本を読んできたから。おまえが命がけで書いてきた本を、俺は命がけで読んで来たから、おまえのことは全部わかる!」
いつのまにか泣いていた夏野。
「だから、もう泣くのはよせ」

夏野、ツンデレだったんですね…


posted by 松風久遠 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(2) | 犬とハサミは使いよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「BROTHERS CONFLICT ♯2 混乱」


アバンタイトルで告られんのはお約束なのね。

朝起きると次男が朝食の準備をしています。和食。炊事が役目らしい。
十三男が起きてくるが、どうも声に違和感がある。女性声優の方が良かったんじゃあ。それだと現実的にもハーレムにならないからダメか。
「初めて本気で好きになったのにまさか兄弟になるなんて…」
十一男の悩みごとは、聞き捨てならないな。
家に帰ると、十二男がソファーでうたた寝していた。
起きるなり毒舌の嵐。
主人公を侵入者よばわり。正体が割れると、「それなりに可愛いけど何だか頭悪そうだね」と来た。
ジュリ、毛を逆立てて怒る。
「明日は昴の誕生日会をやろうと思っているんです」
普段はそこまでやらないが、二十歳になるので特別にとのこと。そりゃ、十三人もいたら毎月だもんな、そんなことやってられんわな。
何か手伝えることはありませんか、と言ったが最後、バースデイケーキの制作を任される主人公。
ケーキ作るのにどんだけ買い込んでんだ。
帰ると八男が床で行き倒れている。ソファーで寝るつもりだったんだけど、持たなかったんだと。
「髪、アレンジ変えてもいい?」
プロの美容師に髪を整えてもらい、満足げな主人公。
ヘアアイロンが壊れていたので、自室に取りに行く八男。入れ替わりで十二男がやってくる。
主人公を褒めちぎって、「今だけ忘れてもいい? 僕と姉さんが兄弟だってこと」などとのたまうが、「なんてね」とひっくり返す。
本当に生意気な十二男である。
ケーキが出来上がり、皆に褒められて恐縮する主人公。
「これはね、昴のためにお姉ちゃんがつくってくれたものだから、弥が昴より喜んじゃいけないんだよ」
と長男。そうか? べつに喜んじゃっていいんじゃね?
ケーキを食えねえといいだす十一男。
なら代わりに食べちゃうよ、と五男。
そしてエロい三男。
皆同じ病気にかかってろ。
照明を落としてローソクの火を吹き消す。「ハピバースデイ♪」は歌わないんだ。
切り分けられたケーキをおのおの食べる。
また絶賛の嵐。食べないと言っていた十一男も食べる「うめえ!」。

パパとの思い出って、再婚したのは主人公の父と、兄弟たちの母?!
こんな立派なマンションを持ってる女性ってどんなだよ?! 毎年のように子供を産み続けて、どうやって仕事をこなしてたっていうの。どうなってんだ!!

酒を酌み交わす双子と九男。
彼らの会話を盗み聞きしてしまう主人公。
「はっきりいって迷惑なんだよ!」
ずっと男所帯でやってきて、いきなり女が入り込んできて、風呂も気にしないといけないし、トレーニング後も裸でいられないし。
わかるわー。それって結構ストレスだよなぁ。
顔を洗ってくると階段を上った先で主人公と鉢合わせする九男。

「やっぱり私、迷惑だったんだ…」
落ち込む主人公を激励するジュリ。
そこへチャイムが。ドアを開けると九男が。
「すまん、さっきは悪かった。頼むから忘れてくれ」
都合の良いことをいう九男。その後さらに、謝る勢いでつんのめり、主人公を押し倒す!
更に、キスまでしてきたぞ!
「飲み過ぎだね」
双子がやってきて、九男を引きはがす。
「ってこいつ完全に寝落ちしてるし」
これが事故であったことを主人公が説明するが、それで許されると思っちゃあ困るけどねと五男。

翌朝、九男に何かしたような五男の口ぶり。
「君はみない方がいいよ」
何をしたんだ??
そこへ次男が洗濯かごを持ってやってくる。主人公はその役目を買って出る。
洗い物が全部白いタオルってのがリアリティーないわー。もっと色々あるだろー。

本屋で本を買おうとしていると、十二男と鉢合わせする。
名前を大声で呼ぶんじゃない、バカ女と来た。
主人公のせいでゆっくり選べなくなったから、代わりにこれ全部借りてきて、とDVDを押し付ける。
帰ると「遅い!」と十二男。
「罰としていろいろして貰うからあんたの部屋でね」
思わせぶりな科白で終わる。
そんなに近親相姦がやりたいのか、このアニメ。


posted by 松風久遠 at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | BROTHERS CONFLICT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。