2013年07月12日

「戦姫絶唱シンフォギアG ♯2 胸に力と偽りと」


水樹さんのOPかっこいい!!

マリアが宣言します。
「我ら武装組織フィーネは各国政府に対して要求する。差し当たっては国土の割譲を求めようか」
「もしも二十四時間以内にこちらの要求が果たされなかった場合、各国の首都機能がノイズによって不全となるだろう」
翼さんが怪訝な様子で反抗します。
「何を意図しての語りか知らぬが、ガングニールのシンフォギアは貴様のような輩にまとえるようなものではないと覚えよ!」
変身しようとするが、緒川さんに止められます。
「今動けば、風鳴翼がシンフォギア装者だと全世界に知られてしまいます!」
緒川さんに諭され、変身を思いとどまる翼さん。
すると、マリアが会場のオーディエンスを解放すると。

ヘリの中、観客に被害はないと聞いて安心する響とクリス。
「私の胸のガングニールがなくなってしまった訳ではなさそうです」

「貴様、一体…」
「観客は皆退去した。もう被害者が出ることはない。それでも私と戦えないというのなら、それは貴方の保身のため。貴方はその程度の覚悟しかできていないのかしら?」
シンフォギアをまとわないまま、翼さんはマリアの攻撃を受けます。

「中継されてる限り、翼さんはギアをまとえない!」

画面の外に出てしまえば、と舞台からはけようとする翼さんでしたが、ヒールのかかとが折れてしまい…
なにもこんなときに(笑
「貴方はまだステージを下りることは許されない」
マリアのローキックが翼さんの腹に直撃! ふっとぶ翼さん。
「聞くが良い、防人の歌を!」

「現場からの中継が遮断された?!」
緒川さんの仕事です。良い働きだ。
これで翼さんも変身できます。
「蒼の一閃」から「逆羅刹」のコンボ。次々ノイズを成敗していきます。
「中継が中断された?」
驚くマリア。
マリアVS翼。
「いざ、押して参る!」
マリアの武器は自在に操ることができるマント。攻撃したり、防御したりと便利そう。
「これが私のガングニール。なにものをも貫き通す無双の一振り!」
だからってこっちも負けてられないと翼さんも大技を出してきます。
「風輪火斬」
マリアのピンチに増援が。
調と切歌の登場です。
「危機一髪」
「まさに間一髪だったですよ」
三対一ではさしもの翼さんも分が悪い。
そこへ、響とクリスちゃんが上空から助けに入る。
「やめようよ、こんな戦い。今日出会った私たちが争う理由なんてないよ!」
響のこの科白に、調が反応します。
「そんな綺麗事を…」
「綺麗事で戦う奴の言うことなんか信じられるものかです」
「偽善者…この世界には貴方のような偽善者が多すぎる!」
調が攻撃開始!
響は何をやっている、と翼さんに怒られます。
戦いが始まり、マリアには翼さんが、切歌にはクリスちゃんが、響には調が張り付きます。
「私は困っている人を助けたいだけで、だから」
まだしつこく食い下がる響。
「それこそが偽善。痛みを知らないあなたに誰かの為になんて言って欲しくない…!」
調の車輪が響を襲いますが、すんでのところでクリスちゃんと翼さんがかばってくれました。
「どんくさいことしてんじゃねえ!」
「気持ちを乱すな!」

何かの数値を気にしているナスターシャ教授。
「この伸び率では数値が届きそうもありません。最終手段を用います」

「増殖分裂タイプ…」
スタジアムに現れた、巨大なノイズ。
「三人とも引きなさい」
「分かったわ、マム」
マリアが腕の装備から新たな剣状の武器を出します。
「アームドギアを温存していただと?!」
マリアは一撃、ノイズに食らわせて、退散。
「こいつの特性は増殖分裂…」
うかつに攻撃しては、増殖と分裂を繰り返すだけ。
そこで響が提案します。
「絶唱…」
まだ、未完成の技を使おうとしている様子。
「増殖力を上回る破壊力にて一気殲滅。立花らしいが、理には叶っている」
うなずき合い、手を繋ぐ三人。
そして、絶唱。
光が迸り、
「スパークソング!」(?)
「コンビネーションアーツ!」
「戦闘ハーモニクス!」(?)
さらに虹色の光が拡散していきます。
「S2CAトライバースト装者三人の絶唱を響さんが調律し、一つのハーモニーと化す。それは手を繋ぎ合うことをアームドギアの特性とする響さんにしか出来ない、だから、その負荷は響さん一人に集中する」
緒川さんの解説でした。
負荷に苦しむ響だが、最後の仕上げが待っていた。
「これがあたしたちの絶唱だーーーーっ!」
会心の一撃を的にぶち込む響。絶唱のハーモニーが一つになり上空へ吹き上がって行く。

「夜明けの光ね…」
教授の意味深な発言。

変身をといて座り込む響は調に言われたことを思い起こしていた。
「無事か、立花!」
「へっちゃらです」
泣きながら笑う響。
「へっちゃらなもんか。痛むのか?」
私のしてることは偽善なのかな。胸の痛くなることだって知ってるのに…

そんな三人を見下ろしてほくそ笑む男が一人。
ソロモンの鍵を奪って逃げた、ウェル博士?

posted by 松風久遠 at 17:14| Comment(0) | TrackBack(2) | 戦姫絶唱シンフォギアG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

「Free! ♯2 追憶のディスタンス!」


このアニメを作っている「京都アニメーション」というところが注目すべき点だったようです。
何でなのかはわかりませんが、「あの京アニが」と各ブログで騒がれていたので。
あと、もうこのアニメは「腐ree!」でいいんじゃないかということです。
そりゃー半裸の高校生男子がうようよいますけどー、純粋に競泳青春アニメだと思いますよ私は。

「そのクールな性格も変わんねぇ、ムカつくぜ」
凜の歯がギザギザなんですけど。鮫みたいなんですけど。
「勝負は百メートル、種目はフリー」
真琴の合図で競争が始まる。

アバンが明けると、いきなり夜。
ベッドに寝そべっている凜が、ケータイのメールを見て「くそっ!」と投げ捨てる。
メールは江から。「七瀬さん達には会えた?」
やっぱり俺はあいつには敵わないってことなのかよ…
あれれ? 勝負には勝ったのに?

一方遥は入浴中。水着は着てません。

翌日、遥、真琴、渚の三人は鮫柄高校のプールに忍び込んだことで、教師にこってり絞られていました。
あまちゃん先生が助けに入りますが、得意の偉人の名言集も役に立たず。

遥はさっさと早退。
真琴と渚は江と廊下でばったり。
渚が凜の態度に文句をつけますが、江の方も同じような感じで、メールにも電話にも出ないし、寮にかけてもダメ。
「凜ちゃん、なんであんなにかわっちゃったんだろ。オーストラリアでなにかあったの?」
「わからないんです。でも皆さんと再会すれば何かわかるかなって思って」
凜がスイミングクラブに現れたのも、江がメールで教えていたからなのでした。
案外、きちっと裏づけしてるのね。
遥の家に来ていたのも、何か聞けるかと思ってのことだった。
「そうだ、いいこと思いついた! 水泳部、作ろうよ!」
唐突に渚が言い出す。なんだ、ほんとに作るのか(笑
遥も了承し、無事、計画はスタート。
何故か遥の家まで着いてきた江が、遥の裸にときめきます。
「ダメ、ダメよ、男の人の裸なんて年頃の女の子が見ちゃダメ」
「なんて素敵な上腕三頭筋…!」
思いっきり見てます。
お茶請けにスルメイカって……
チョコの方がいいと思いますが。
真ん中とってもサバにはならないとおもいますが。
凜は毎年正月には家に戻っていたらしいのですが、遥たちには連絡無し。

「という訳で、部活の申請用紙ゲットしてきました!」
仕事の早い渚が次々事を進めて行きます。
部長は真琴で、副部長が遥。
真琴は自分より速い遥じゃないかといいますが、遥が部長になった姿を妄想して、「ないな」と納得。
顧問はあまちゃん先生に頼むことに。
運動神経ゼロなことを理由に断られかけますが…
「でも噂で聞きました。去年まで東京で水着関係のお仕事してたって」
そこで大きな声で言わないで、と弱みを見せるあまちゃん先生。
何かあるのかな?
結局渚と真琴に押し切られる形で、顧問を引き受けてくれることに。

その頃、江は鮫柄学園に凜を訪ねていた。
寮にはまだ帰っていないと言われ、水泳部の方へ行ってみますが…
水泳部の男子高校生を前に、僧帽筋も大胸筋も美しすぎると、舞い上がります。
「兄の松岡凜を探してるんですけど」
「松岡…そんな奴、うちの水泳部にはいないけど」
なんだってー!

凜は取り壊しの決まったスイミングクラブにいました。

水泳部が承認されたとあまちゃん先生から吉報が。
四人必要だから、あと一人連れてこないと行けないらしい。
それから、荒れ果てたプールを補修して使えるようにするのが条件。
雑草抜きから始まって、プールの割れ目の補修。などなど。

渚が一生懸命部員を勧誘しますが、フラれ続け、最終兵器岩鳶町のマスコットキャラ、イワトビちゃんを出すも、色よい返事はもらえず。
そのイワトビちゃんを木を削って工作しているのが、遥だった…
器用なのか不器用なのかよくわからない…
ともかくセンスはない。

フェンスのペンキ塗りをしている真琴の元に、差し入れを持って江が現れる。
どうして一年の時に水泳部を作らなかったのか、と問われ、遥が乗り気じゃなかったからと答える真琴。
中学の時も水泳部に入っていたが、一年の終わりに突然辞めてしまったのだと。
理由は真琴にも話さなかったらしい。
同じ時期にスイミングクラブも潰れてしまい、遥はそれ以来競泳はやってない。
江が兄が鮫柄学園の水泳部に入っていないことを告げると、真琴は「そんなこの間遥と競争して…」
それで負けてもう水泳がダメになったんだと。
だが、事実は違った。あの夜の勝負は、凜が勝ったのだ。
遥は「そうか、やっぱりこれで良かったんだ。誰かに依存したり共存する必要なんかない。ただこうやって水の中で静かに一人…」
と満足な答えを見いだしていた。
「遥はきっと泳げればそれでいいんだよ。昔の遥に戻ったんだ。元々勝ち負けとかタイムとか、そんなの興味ないやつだったから」
江が私も水泳部に入部させて下さいと切り出す。「お兄ちゃんを変えられるのは、遥さんたちだけだから」
これで水泳部設立完了だ! 喜ぶ渚。

真琴の家の団らん。平和。
「そういえば真琴たちが通ってたスイミングクラブ、いよいよ取り壊しが決まったらしいな」
と父から。
真琴は取り壊しの始まったクラブまで足を運ぶ。
そこで笹部コーチに再会する。
「確かおまえたちが中学一年の冬のことだ。年末、閉館間際の時間に遥と凜がフラっとやって来た。帰省したらバッタリ会ったとかで」
そこで勝負を?
それで遥があっさり勝ってしまい。凜はえらく落ち込んでいた。水泳留学までしたのに何でなんだって。
凜がぐれた理由もその辺か?
「そうか、それで遥は競泳をやめたんだ。凜を傷つけてしまったから」
真琴は凜のケータイに留守録にメッセージを残す。
俺たち水泳部を作ったんだ。だから、凜も水泳部に入れよ。どこかの大会でまた一緒に泳ごう。
「おまえに言われるまでもねぇ、俺は水泳部に入る。ただし、おまえらと一緒に泳ぐためなんかじゃねぇ」

水泳部の設立を祝って、カンパーイ。
まだ泳ぐには肌寒いが、テストを兼ねて水を張ったプールに迷わず入っていく遥。
また水着着用かよw
「やっぱり素敵な上腕三頭筋」
江がキラキラしております。

posted by 松風久遠 at 18:06| Comment(0) | TrackBack(1) | Free! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

「犬とハサミは使いよう ♯2 犬は熱いうちに打て」


首輪をつけてみないかと夏野に言われる和人だったが、いやがる。やめろ俺は犬じゃない、犬だけど。
「地球が静止するのも世界が大海賊時代に突入するのも、全部俺のせいですよ」
前回の続きからじゃないのね。

夏野が住んでいたマンションは超高層マンションだった。
やっぱり首輪とリードは付けたほうがいいと思う。
途中、キラキラ無駄に輝く少女と出会うが、夏野は無視。

住谷荘。やっと前回の続きですね。
101号室が管理人である和人の部屋。102号室は空き部屋で本置き場。
表向き、102号室に住んでいることになっている和人だったので、警察も調べたのは102号室だけ、親が荷物を引き取りにきたのも102号室だけ。
101号室は手つかずである。こうして射殺犯は安全な隠れ家を手に入れた。という訳。

隣のドアが開いて、現れた射殺犯。逃げる相手を夏野たちは追い掛ける。
歩道橋で射殺犯を追い詰めるが、まだ捕まる訳にはいかないと豪語する射殺犯と夏野の格闘戦になる。
男は秋山忍の大罪シリーズを装備しており、「色欲」を読むまでは捕まる訳にはいかないと。
「秋山忍が、本が、あの男を変えたんだ…!」
持ち前のハサミで次々男の本を切り落としていく夏野。
最後は足蹴りで男を仕留める。
歩道橋の欄干に乗り上げた男を「犬のやることだもの、罪にはならない」と、突き落とすことを提案する夏野だったが、和人は欄干から男を引きずりおろした。
「こいつを殺したって、人間に戻れる訳じゃないし、第一それをやったらそれこそお仕舞いだ」
「あなたを殺したそいつをあなたが助けた私が殺す!」
「原因を作ったのは私、私のせいで死んだようなものだもの」
夏野はずっと自分を責めていたのだ。自分をかばって死んでしまった和人のことを、思い悩んでいたのだ。
それは違う、と和人は言うが、夏野はあの時私が本さえ書いていなければ、と自分を責め続ける。
そんな夏野にわからずや! と体当たりする和人。精一杯の反抗。
「俺は俺の思いに従っただけだ。誰のせいでもねぇ。おまえだってきっと俺と同じ事をしたはずだ!」
「あなたに私の何が分かるって言うの」
「俺はずっとおまえの本を読んできたから。おまえが命がけで書いてきた本を、俺は命がけで読んで来たから、おまえのことは全部わかる!」
いつのまにか泣いていた夏野。
「だから、もう泣くのはよせ」

夏野、ツンデレだったんですね…


posted by 松風久遠 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(2) | 犬とハサミは使いよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「BROTHERS CONFLICT ♯2 混乱」


アバンタイトルで告られんのはお約束なのね。

朝起きると次男が朝食の準備をしています。和食。炊事が役目らしい。
十三男が起きてくるが、どうも声に違和感がある。女性声優の方が良かったんじゃあ。それだと現実的にもハーレムにならないからダメか。
「初めて本気で好きになったのにまさか兄弟になるなんて…」
十一男の悩みごとは、聞き捨てならないな。
家に帰ると、十二男がソファーでうたた寝していた。
起きるなり毒舌の嵐。
主人公を侵入者よばわり。正体が割れると、「それなりに可愛いけど何だか頭悪そうだね」と来た。
ジュリ、毛を逆立てて怒る。
「明日は昴の誕生日会をやろうと思っているんです」
普段はそこまでやらないが、二十歳になるので特別にとのこと。そりゃ、十三人もいたら毎月だもんな、そんなことやってられんわな。
何か手伝えることはありませんか、と言ったが最後、バースデイケーキの制作を任される主人公。
ケーキ作るのにどんだけ買い込んでんだ。
帰ると八男が床で行き倒れている。ソファーで寝るつもりだったんだけど、持たなかったんだと。
「髪、アレンジ変えてもいい?」
プロの美容師に髪を整えてもらい、満足げな主人公。
ヘアアイロンが壊れていたので、自室に取りに行く八男。入れ替わりで十二男がやってくる。
主人公を褒めちぎって、「今だけ忘れてもいい? 僕と姉さんが兄弟だってこと」などとのたまうが、「なんてね」とひっくり返す。
本当に生意気な十二男である。
ケーキが出来上がり、皆に褒められて恐縮する主人公。
「これはね、昴のためにお姉ちゃんがつくってくれたものだから、弥が昴より喜んじゃいけないんだよ」
と長男。そうか? べつに喜んじゃっていいんじゃね?
ケーキを食えねえといいだす十一男。
なら代わりに食べちゃうよ、と五男。
そしてエロい三男。
皆同じ病気にかかってろ。
照明を落としてローソクの火を吹き消す。「ハピバースデイ♪」は歌わないんだ。
切り分けられたケーキをおのおの食べる。
また絶賛の嵐。食べないと言っていた十一男も食べる「うめえ!」。

パパとの思い出って、再婚したのは主人公の父と、兄弟たちの母?!
こんな立派なマンションを持ってる女性ってどんなだよ?! 毎年のように子供を産み続けて、どうやって仕事をこなしてたっていうの。どうなってんだ!!

酒を酌み交わす双子と九男。
彼らの会話を盗み聞きしてしまう主人公。
「はっきりいって迷惑なんだよ!」
ずっと男所帯でやってきて、いきなり女が入り込んできて、風呂も気にしないといけないし、トレーニング後も裸でいられないし。
わかるわー。それって結構ストレスだよなぁ。
顔を洗ってくると階段を上った先で主人公と鉢合わせする九男。

「やっぱり私、迷惑だったんだ…」
落ち込む主人公を激励するジュリ。
そこへチャイムが。ドアを開けると九男が。
「すまん、さっきは悪かった。頼むから忘れてくれ」
都合の良いことをいう九男。その後さらに、謝る勢いでつんのめり、主人公を押し倒す!
更に、キスまでしてきたぞ!
「飲み過ぎだね」
双子がやってきて、九男を引きはがす。
「ってこいつ完全に寝落ちしてるし」
これが事故であったことを主人公が説明するが、それで許されると思っちゃあ困るけどねと五男。

翌朝、九男に何かしたような五男の口ぶり。
「君はみない方がいいよ」
何をしたんだ??
そこへ次男が洗濯かごを持ってやってくる。主人公はその役目を買って出る。
洗い物が全部白いタオルってのがリアリティーないわー。もっと色々あるだろー。

本屋で本を買おうとしていると、十二男と鉢合わせする。
名前を大声で呼ぶんじゃない、バカ女と来た。
主人公のせいでゆっくり選べなくなったから、代わりにこれ全部借りてきて、とDVDを押し付ける。
帰ると「遅い!」と十二男。
「罰としていろいろして貰うからあんたの部屋でね」
思わせぶりな科白で終わる。
そんなに近親相姦がやりたいのか、このアニメ。


posted by 松風久遠 at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | BROTHERS CONFLICT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

「サマーヌード 第一話」


えーと。山Pが哀れすぎじゃありませんか。
三年前にドロンした恋人を引きずって生きてるとか。彼女の看板が今でもあるとか。彼女は芸能人か何かだったんでしょうか。
演技プランはキムタクをコピーしてるのかな、と思いましたが。
そして暗い、暗すぎる…これから海の家やるとは思えない暗さである。

そして香里奈。式の途中で新郎にタクシーで逃げられる。経緯も原因も一切説明なしで。
一流シェフらしいが、料理つくってる場面はナシ。
元の職場にも戻れず無職となる。そこへどんな嘘こかれたかは知らないが、山Pに海の喫茶店まで呼びつけられてまんまとやって来る。
海の家のシェフをやってくれと頼まれるのだが、断じて断る。

戸田恵梨香は山Pの高校の後輩で、海の喫茶店にいりびたっている…んだよね? 当然無職で。
山Pに惚れてるんだとさ。
一晩泊めただけで香里奈との仲縮まりすぎじゃないですかね。
香里奈の結婚式用のDVDを、香里奈を励ます向けに編集してあげる山Pの優しさが気持ち悪い…

この三人で三角関係が始まると思われますが、正確にはドロンした彼女、長澤まさみも加えた四角関係か。
出てこない彼女を相手にするのは多少不利な気がしますが。

あとは眼鏡の読書家とお調子者の勝地涼。海の喫茶店と海の家のオーナー高橋克典とで、海の家をオープンさせるってところか。
なんか少女漫画みたいと思ってしまった。
面白いか面白くないかといえば、面白くない。
先も気にならないし。

posted by 松風久遠 at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | サマーヌード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

「有頂天家族」


櫻井さん、今度は狸の役かぁ。今期は動物に縁があるのかな。
櫻井さん扮する下鴨矢三郎は狸だが、女子高生の姿に変化している。
それをいいことにスカートの中身を見せたり、がに股で椅子に座ったり、やり放題。
兄の下鴨矢一郎に見つかって追い掛けられれば、
「何なんですか貴方! 大きな声出しますよ! あ、ヘンタイ!」
櫻井さんの女声…ちょっと無理があるな(笑
「それでなくとも俺たちはあの下鴨総一朗の血を引き損ねた無念の子供たちというレッテルが張られているんだ」
「選挙までは大人しくしていろ」
近々何かを決める選挙があるらしい。なんなのかは聞き取れなかった。
師匠の赤玉先生の世話を焼きつつ、その後矢三郎は弁天に会いに行き、振り回される。
赤玉先生と弁天は天狗らしい。
「我が日常はめまぐるしく、退屈している暇がない」

京都の町並みを忠実に再現しているんだろうなぁ…と見てて思うが、本当かどうかは知らない。
話はゆるやかで、退屈。
次は見ないな。

posted by 松風久遠 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

アメーバのCM

「ガールフレンド(仮)」のCMがむかつきます。
バーチャルの女性キャラの科白を受けて、リアルの男が一言叫ぶっていう。
この男がムカつくんだよ!
「惚れさせてごめんねーー」とか、科白もムカつく。
声もムカつく。
何もかもがムカつくのである。
早くこのシリーズ終われば良いのに。と呪ってみる。

「ボーイフレンド(仮)」も出来ればいいのにね。


posted by 松風久遠 at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。