2013年07月24日

「犬とハサミは使いよう ♯4 溺れる者は犬をも掴む」


夏野は犯人らしき人物を取り逃していた。

一方和人は、妹の円香に監禁され、怪しげなカレーを食わされる羽目に。
しかし、犬の姿の兄を兄と分かったり、犬語を理解したり、少し様子がおかしい。
妄想が暴走しております。
ふくしん漬けを買いに行っている間に、和人は夏野に救いだされる。

犯人が大罪シリーズの暴食を落として逃げたことや、罠に秋山忍の本を使ったことから、夏野は円香が怪しいと見るが……

翌日、住谷荘に円香の姿はなく、犯人捜しに街へ出る夏野と和人。
そこへ柊がやってきて、夏野に罵倒されまくって気持ち良くなる。このどM編集者がッ!
「そういえば、公園で女の子が泣きながら先生の本を切り刻んでいたっていう噂、お聞きになりました?」

公園へ行くと秋山忍の大罪シリーズ憤怒が切り刻まれた後があった。
そこへ現れる円香。
秋山忍の本は全部もやしてやったと思っていたのにと、夏野と戦闘態勢に。
それを和人が身を挺して収める。
最後は煙幕でドロン。

通り魔事件の犯人が円香である可能性もある、と夏野。
秋山忍の本が関係しているのも、円香が秋山忍を恨んでいるからかも知れないと。
大好きな兄が他人の話ばかりするのは面白くなかったろう。
兄が東京に残ったのも、兄が死んだのも全部秋山忍のせい、としまい込んでいた恨みの念が出てきたのかも知れない。
秋山忍を滅ぼせば兄が帰ってくるかもしれないと、そんな祈りみたいな妄想に囚われていたのかも知れない。
もしも円香が犯人だったとき、止めるのは自分の役目だと和人。そのために夏野の力を借りたいという。
そんな時、窓から円香が乱入、和人を捕まえて「み〜つ〜け〜た〜よ〜和兄」。
ここ、何階だと思ってんの?!
超高層ビルだぞ、どうやって進入したんだ!

このアニメ、一体どこへ向かってるの? どこへ行きたいの?

posted by 松風久遠 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 犬とハサミは使いよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「BROTHERS CONFLICT ♯4 嫉妬」


「パンツァーズオブザデッド」情報解禁イベントに十一男と訪れた主人公。
壇上には声優を務めた五男と六男の姿が。
イベントが終わって、控え室に呼ばれる。そこで乾杯。
重要なオーディションがあるから酒は飲めないという。五男が声優を目指すきっかけになったアニメの新シリーズの制作が決まって主役のオーディションがあるのだそうだ。六男はそのライバル役でオーディションを受ける。

家に帰るとジュリが飛んでやって来る。大丈夫だったかと。
台所にいた次男が「ここをまかせてもいいですか」と。そこへ性悪十二男から主人公へメール。収録が押して今夜は帰れなくなったという連絡。今度は三男から電話。檀家と食事することのなったからという連絡。またしても電話。長男から容態の急変した患者が出たから帰れなくなったという連絡。次男の眉が片方ピクリ。
「しかし何故、皆あなたの携帯に…そういう電話はこれまで私に来ていましたから…」
淋しそうな次男……
入れ替わりに九男が帰ってくる。
夕飯はカレー。バクバク食う九男。「気まずいのかな…」主人公の心の声。
食べ終わって、食器を洗い場に持っていくこともせず立ち去ろうとする九男だったが、立ち止まって言う「今、外されて試合でれないけど、俺、必ずレギュラーに戻るから、その時は試合、見に来てほしい」
「あいつ、本気でチィのことを…」鋭いね、ジュリ。

五男に電話、続いて六男にもマネージャーから電話。
新シリーズのアニメの主役に受かったのは五男ではなく六男だったのだ。
ポストに七男からゲームのロムが届いていた。
通りかかる五男、何やら寂しげに微笑んで外へ出て行った。
そこへ六男もやってくるが、椿を見なかったかと問うて、今出て行きましたと答えると、足早に外へ出て行って仕舞う。

早速ゲームを始める主人公。ポテチを食べながら。
聞こえてくるのは五男と六男の声。
「ゾンビゲームで感動するなんて、やっぱり椿さん、梓さん、二人ともすごい…」
朝になってもまだゲームやってる主人公。相当のゲーマーだな。
「砂漠エリア何度やっても全滅する」
そこで七男を呼び出すことにするのだが、たったそれだけの理由でよく呼び出す気になるな。
家に来てもう四ヶ月も経っているらしい。世はクリスマスムード一色。
「前のエリアでレベル上げをしておかないと砂漠エリアは越えられないんだ」
との攻略法を伝授される。
そこへ、七男のスマホに六男から電話。
どうも五男の行方がわからず、電話も繋がらないらしい。
七男の口から、アニメの新シリーズの主役に五男は選ばれなかったこと、代わりに選ばれたのが六男だったことを告げられる主人公。
駅まで送って貰う。未成年の妹を放りだすなんて真似は兄としては出来ないだろうと。
クリスマスの予定はあるのかと七男に問われるが、特にはと、主人公。
女子高生が寂しいこというなよ、と七男。
棗さんはどうなんですかと反問されると、クリスマスっていうのはおもちゃ屋にとっては稼ぎ時、そんな忙しい時に呑気に休める筈がないと答える。
髪をアップにしているからかどうかは知らないが、自分のつけていたマフラーを主人公に巻いてやる七男。クリスマスプレゼントにはまだ早いが、当日には何もしてやれないから、その代わりだと。
予定のない可哀想な妹に、予定のない可哀想な兄からだ。

家に帰ると、玄関前で六男が座り込んでいた。
新作のアニメの役を断るつもりらしい六男に、それでいいんですか、と主人公。
「椿さんのためであっても、誰かに遠慮して降りるなんて、そんなことは…」
珍しく自己主張する主人公に、六男が鋭い一言を。「あんまり好き勝手言うと怒るよ。あれは椿の役だ」。
「選ばれたのは梓さんです。梓さんは分かってる筈です。選ばれるってことの意味が…」
主人公の説得空しく、僕はあの役はやらないと突っぱねる六男。
「梓さんが降りて、椿さんが選ばれたとして、椿さんが喜ばないというか…」
「喜ばないね!」
五男登場。
「梓、やってくれよ。俺、他の奴じゃ嫌だから。俺が世界で一番梓のファンだから」
「分かった。僕、最高の芝居をするから」
指切りで一件落着。
「ねぇ、俺の残念会に付き合ってよ」
五男と二人きりになる主人公。あぶない。
「まぁ、正直な話、悔しいっちゃ悔しいんだ。声優目指したのは俺の方が先で、梓は俺が引っ張り込んだ筈なのに、いつの間にか抜かれてた。昔からそうなんだよな。梓の方が何をやっても上なんだ。同じ卵から生まれた筈なのに」
「さっき梓に梓の声が好きって言ってたでしょ、じゃあ、俺は?」
「もちろん、椿さんの声も好きです。演技力とかそういうのはよく分からないけど、どっちが上とかじゃなく、椿さんには椿さんでいて欲しいんです。だって、椿さんにしか出来ない役があるはずだから…」
ここで五男が出し抜けに近寄ってきて、主人公にキス!
「落ち込んでる男の子が立ち直るには可愛い女の子のキスが一番必要なんだ」
またしてもキス。
この後もマフラーがメンズで俺好みなのがムカつくんだよね、とチクリ。

兄弟を一抜けしたのは五男でした。
主人公に気のある九男と十一男はどう出る?
ていうか、恋愛関係には結びつかないと思う今夜のキス。どうなるんでしょう。


posted by 松風久遠 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | BROTHERS CONFLICT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

「サマーヌード 第三話」


それぞれの「看板をめぐる思い」がテーマだったのかな?
長澤まさみは友情出演になってるから、山Pの回想の中にしか出てこないんじゃね?

看板に向かって挨拶なんかしてたのか、山P…キモチワルイよ……
それを香里奈に目撃されてるし。

山Pに写真を撮ってもらえるとはしゃぐ戸田恵梨香。準備に余念が無い。

眼鏡君、看板の前で「俺の中ではずっとおまえが勝ってる」って戸田恵梨香に言うが、そんな慰めいいからと言われてしまう。完全に告白だと思うんですけど。気付いて貰えてない。うーん、合掌。

「ロケハンMAP」なるものを作る戸田恵梨香。
だが、山Pにそれを見せると長澤まさみと行ったことある場所ばかりだし、やっぱ写真は撮れないと言われる。
また撮らないって、男に二言はないんじゃねーのかよ。

深夜、山Pは看板の前で酒盛りを。
俺にとっては間違いなく最高の女だったから、と飲んだくれる。
長澤まさみが戻ってこないって聞いても、全然諦める気にならないと。
それを一途というのかどうか。
無理に諦めなくていいよ、と慰める戸田恵梨香。
「おまえさ、いつも隣にいるよな」
夏の日も、冬の日も、看板を前にして山Pの隣にいた戸田恵梨香。
一途とはこのことだ。

「今日の昼、返しに来たよ」
山Pが借りっぱなしのDVDを返しに行った!
どういう風の吹き回しか?
酒盛りで洗いざらいぶちまけてスッキリしたのか?
一歩前進してのことなのか、それはちょっとわからないけど。
それを見て泣く戸田恵梨香。

看板にも挨拶しなくなったみたいだし。
あまつさえ、約束してた写真を今度の月曜、休みだから撮ると戸田恵梨香に言う山P。今度こそ本当だな?
長澤まさみを吹っ切れたとは全然思わないけどね。

先週のタクシーに乗ってた長澤まさみのカットは、どんな意図があったんだろう。
海にやってくるという見せかけ? セコい演出してるなぁ。

続きが全然気にならないサマーヌード。
視聴率はどうなんでしょう。
来週は感想書くんだろうか、私。

posted by 松風久遠 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | サマーヌード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

スパイラルグレープ


散々CMを打たれ倒しているスパイラルグレープを飲んでみた。
何だかグレープ味がエグい感じで、飲み終わった後もそのエグみが残る。
はっきり言って不味い。
これなら似たような味のファンタグレープの方が美味しい。

愛のスコールもマイナーチェンジして不味くなったし、私はやっぱり三ツ矢サイダーが好きだなぁ。
炭酸飲んだ後はゲップが止まらないけど(w


posted by 松風久遠 at 15:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

なにぃ〜〜〜!!


荒川弘が別冊少年マガジンでアルスラーン戦記を連載開始だとー!!

銀の匙はどうするんだよっ。
これ以上休載が増えたら、増えたら……!
これまでも度々休載してるのに、そんな大型新連載始めた日にゃあ、どうなるのか。
週刊連載なめんなよ!
情報が遅いって? ええ、知ったのは先週の水曜日ですから。

アルスラーン戦記って未完でしょ? そんなの漫画化してどうなるの?
初回はオリジナルストーリーらしいけど、どういう形にしていくんでしょう。
銀の匙は最終回が近いって事なのか?
八軒がエゾノーに入ってそろそろ一年…終わるには絶好の好機ですが……

魔界王子のあらすじ感想はやめます。苦労した割には呼んだ人が少なすぎるので。

posted by 松風久遠 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

運命以前11


運命以前11をお送りします。もう十一回か。早いなぁ。

とうとうやってきた六月十五日。
シンは一体どうなってしまうのか?
それを受けてレイのとった行動とは。

では、どうぞ。


続きを読む
posted by 松風久遠 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

「戦姫絶唱シンフォギアG ♯3 終焉を望む者、終焉に臨む者」


どこかの廃墟でナスターシャ教授が、絶唱について語っております。
「絶唱の三重奏ならばこそ計測される爆発的なフォニックゲイン。それをもってしてネフィリムを天より落ちたる巨人を目覚めさせた」
モニターに映る怪物。
「覚醒の鼓動」

ライブ会場からの宣戦布告からもう一週間。
フィーネに目立った動きはない。連中の狙いがまるで見えてこない。
緒川さんがいい仕事をしているようです。

響が授業中にぼーっとしております。
「ガングニールのシンフォギアが二つあるんだ。だったら、戦う理由がそれぞれにあっても不思議なことじゃない」
先生がやってきて、「立花さん、何か悩みごとでもあるのかしら?」
「はい、とっても大事な」
気付いた時には先生のお小言が始まっていた。
どうやら学祭が三日後に迫っている模様。

切歌と調がシャワーを浴びています。湯気が邪魔です。
先日の響の言葉に腹を立てているようだ。
調の目がヤバイ。
そこへマリアがやって来て、
「それでも私たちは私たちの正義とよろしくやっていくしかない。迷って振り返ったりする時間なんてもう、残されていないのだから」
ここで警報、隔壁閉鎖。
ネフィリムが暴れている。
「人の身に過ぎた先史文明期の遺産、とかなんとか思わないで下さいよ」
ウェル博士登場。
マリアたちも警報に驚いてマムの元へやってくるが、でも大丈夫、ネフィリムが少し暴れただけ。食事を与えたから直に収まるはず。
地響きがする。それでも対応処置は済んでいるから大丈夫だと。
「それよりもそろそろ視察の時間では?」
「フロンティアは計画遂行のもう一つの要。起動に先だってその視察を怠る訳にはいきませんが」
ウェル博士が単独で動くという。切歌と調をつけましょうという教授の配慮も荒事にはならないから心配ありませんと。
「さて、蒔いた餌に獲物はかかってくれるでしょうか…」
やっぱり組んでてたフィーネとウェル博士。
何をしようとしているんでしょうか。

夕暮れ時の校舎、クリスちゃんが全力疾走しております。角で翼さんとドカーンとぶつかる。
定石ですな。
学校行事に巻き込もうとするクラスの連中から逃げて来たのだという。
翼さんはその学校行事の準備をしていた。
クリスちゃんは翼さんを手伝うことに。
「まだこの生活に馴染めないのか?」
「まるで馴染んでない奴に言われたかないね」
「たしかにそうだ。しかしだな、雪根…」
そこへ翼さんのクラスメートが賑やかしにやってくる。
昔は近づきがたかったとか、孤高の歌姫だとか、私たちの知らない世界の住人みたいだったとか、芸能人でトプアーティストだからとか…でも話しかけてみたら私たちと同じなんだってよく分かった。特に最近はそう思うよ、と。
響の効果かな。
「だけどあたしももうちょっとだけ頑張ってみようかな」
とクリスちゃん。

病院跡地の廃墟に夜半過ぎ、集合する三人。
「明日も学校があるのに夜半の出動を強いてしまい、すみません」と緒川さん。
「気にしないで下さい。これが私たち防人の務めです」と翼さん。
街のすぐ外れにあの子たちが潜んでいたなんて、とショックを受ける響。
ここはずっと昔に閉鎖された病院なのだが、二ヶ月前から少しづつ、物資が搬入されているらしい。
「尻尾が出ていないのなら、こちらから引きずり出してやるまでだ」
クリスちゃんが先頭切って走り出します。それを追う、翼さんと響。
「おもてなしといきましょう」
コントロールルームではウェル博士が何かを操作していた。
まかれる怪しげなガス。
どういう効果があるんだろう?
響たちの行く手にノイズが現れる。皆、変身! 今回はクリスちゃんの変身シーン!
「バーン!」がかわいい……
「やっぱりこのノイズは」
「間違いなく制御されている」
次々ノイズを撃破していく三人ですが、倒しても倒しても敵が再生してしまう。
ガスの効果か、皆の動きが鈍る。
「ギアの出力が落ちている!」
装者たちの適合係数が低下、このままでは戦闘を継続できない。
そこへネフィリムが襲いかかる。
アームドギアでの迎撃にも耐え忍ぶネフィリム。相当頑丈そうだ。
なぜ炭素と砕けない?!
「まさか、ノイズじゃない…?!」
「じゃあ、あの化け物はなんだっていうんだ」
拍手が聞こえ、ウェル博士が登場。
ネフィリムを檻へ収監する。
ウェル博士が全てを暴露する。「明かしてしまえば単純な仕掛けです」ソロモンの杖を奪うため、自分で制御し、自分を襲わせ、自分で芝居をうったのだと。
「バビロニアの宝物庫よりノイズを呼び出し、制御することを可能にするなど、この杖を置いてほかにありません」
そしてこの杖の所有者は自分こそが相応しいと。
攻撃を仕掛けるクリスちゃんだったが、適合不足のバックファイアが痛みとなって襲い来る。
適合係数の低下に伴って、ギアからのバックファイアが装者を蝕んでいる。
「この状況で出力の大きな技を使えば、最悪の場合、そのバックファイアで身にまとったシンフォギアに殺されかねない」
響が気付く。
空飛ぶノイズがさっきのネフィリムの入ったケージを持ってどこかへ行こうとしている。
翼さんがウェル博士とクリスちゃんを響にまかせて、ノイズを追う。
海に向かって飛ぶ翼さん。
「仮設本部浮上!」
浮上した潜水艦の頭を足場に、跳ぶ翼さん。そのまま一気に浮上、ノイズを切り刻む。
だが、翼さんは何かの衝撃で吹っ飛ばされる。
見覚えのあるアームドギア。マリアが現れた。ケージはマリアの手に。
翼さんは海に…て、ここどう考えても翼さんよりケージの方が先に海に落ちてると思うんですけど!
朝日をバックに佇むマリア。
「時間通りですよ、フィーネ」
「フィーネだと?!」
「終わりを意味する名は我々組織の象徴であり、彼女の二つ名でもある」
「まさか、じゃあ、あの人が」
「新たに目覚めし、再誕したフィーネです」

フィーネって前作のラスボスの名前でしたっけ。
意外に早かったウェル博士の再登場。
結局ガスと適合係数低下の関係性は説明されませんでした。ガスのせいで適合係数が低下した、でいいんですよね?


posted by 松風久遠 at 16:43| Comment(0) | TrackBack(4) | 戦姫絶唱シンフォギアG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。