2013年06月16日

サポートセンター

昨日、急にメールソフトがパスワードを認証しなくなったので、サポートセンターに電話した。
今時のサポートセンターは土日も営業しているらしい。365日ってことか。優秀。
でも待たされる。まず、パソコンのコンシェルジュサービスに電話したんだけど、無慈悲な合成音声によって「おつなぎするには十分以上かかります」の案内。
しっかり十分待たされてやっとのことでオペレーターに繋がる。
事情を説明すると、プロバイダに連絡してくれとのこと。なんだとー!
プロバイダに電話すると、こちらは待たされることもなく、ガイダンスに従ってボタンをプッシュしていくだけ。とっととオペレーターに繋がった。
初期のPOPサーバーのパスワードを入れ直して見て下さいとのこと。
入れ直したらあっさり認証された。なんて日だ…!
電話を切った直後、父が隣で言った。
「原因聞けば良かったのに」
わ、忘れてたーーー!!

posted by 松風久遠 at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

運命以前6

運命以前第六回をお送りします。
初めてのお休み、シンはヴィーノたちと移動遊園地に遊びにいきます。
レイはほっぽらかして。
いつになったら仲良しになるのか。それより早く病気を治してもらわないと。
現在鋭意治療中。
ではどうぞ。



続きを読む
posted by 松風久遠 at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

「革命機ヴァルヴレイヴ ♯10 恋の選挙公約」

何だか嫌な予感がしたんだ。このサブタイトル。


続きを読む
posted by 松風久遠 at 17:05| Comment(1) | TrackBack(4) | ヴァルヴレイヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

「ヴェルサス13」

FF13と同時期に発売されるかと思われていた「ヴェルサス13」。
いつまで経っても情報が公開されないなぁと思っていたら、昨日、「FF15」としてプレイステーション4で発売するとのこと。
えーーー、プレステ4でぇ? またハード買わなきゃいけないわけ?
13で痛い目にあってるだけに、手が出そうに無い。うちのPS3は2,3回稼働しただけで箱に入ったまま埃を被っている……。
公式HPもまだなくて、どんなストーリーかも不明だけど、声優が発表されていた。
鈴木達央、宮野真守、柿原徹也、東地宏樹。
アクション性が高いとか書いてあったなぁ…


posted by 松風久遠 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

「Rの法則」浪川大輔SP

「Road to Legend」浪川大輔SP」
三十分まるっと浪川大輔特集。
なんなんだ、これは。
浪川大輔の一日に密着。この日は五つの仕事が入っていた。多いときは九件もあるらしい。めちゃくちゃだな。
いきなりアニメのアフレコのお仕事。しかもたった一人しかいない。いわゆる抜き取りってやつ。
これで小山さんが誰のこと言ってたか決定したな。
「八犬伝」ていつの取材だよw
浪川大輔の仕事は主役級以外(たぶん)は抜き取りと見て間違いないだろう。
となれば、他の人気声優もまた然り。あの人やこの人その人も抜き取りで済ましてるんだろう。
私としては、声優はたくさんの人に交じって回りと合わせながら演技していくのが正しい姿だと思っているので、抜き取りで済まして仕舞うスタイルには反対する。
多忙な為スケジュールが合わずって何様だよ。
キャラを掴めないことを、「一週間の内に幾人ものキャラを演じる声優にはよくあることだ。」とナレーションがフォローを入れる。それってどうなのよ。
二件目はゲームのアフレコ。
五百パターンの声を四時間かけて録るらしい。それは大変だな。
三件目は雑誌の取材。
四件目はラジオの収録。
五件目はソロライブの打ち合わせ。
さすがの多忙っぷり。そりゃ、大勢でやるアフレコ現場になんか時間かかっていてらんないわな。
自分の部分だけちゃっちゃと録って、って方式じゃなきゃやってらんないんだろう。
でも、周りの声優さんたちはどう思うんだろうね。
毎週来て、ちゃんと録ってる人たちはさ。
申し訳ないとか、恥ずかしいとかいう感情はないんだろうか。
収録現場にいけなくて、一人だけ特別扱いされてるのがいいのかな。
こんな声優が増えなきゃいいなって思う。




posted by 松風久遠 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

「翠星のガルガンティア ♯10 野望の島」

感想のかきづらい回だなぁ…
チェインバーがクジライカを殲滅したと帰還して、本格的にサルベージが開始される。
意気揚々としたピニオンに対して、意気消沈なレド。
自分が殺してきたのが人間だと知ってフラフラと足下も心元ない。
回想してやっぱり嘔吐するw

「兄貴、一緒に飲みたかったぜ…」
あねき、に聞こえたのは私だけだろうか。
酒をあおっているピニオン。

「お宝は自分たちのもの近づいた船は容赦なく沈める」と放送するピニオン。
フランジの言うことも聞かない。

行く手を阻むものをチェインバーでどかしてほしいと頼みに来たピニオンに、
怖じ気づいたのか、と言われて激高するレド。
もうクジライカを殺したくないのかも知れない。
殺せないかも?

ベベルの健康診断。
裾をまくって胸まで見えたけど、そんなにやせてはいない。
顔色もいいし、本当に病気なのか?
身体が弱いだけ?

海賊船が攻撃をしかけてきた。
修理の終わった過去遺物で攻撃してみる。白旗。
船団をデカくすることに得を思いつくピニオン。海賊を仲間に引き入れる。

ピニオンに宴会場へつれていかれるレドとチェインバー。
宴会の喧噪の中でレドは呟く。「俺はなにをやってるんだ…」

ピニオンたちの引き上げた古代遺物は明らかにオーバーテクノロジーだよね。
この世界に持ち込んでいいのかな。
クジライカの呪縛から逃れられないレド。
「同じ人類が殺し合っているんだ。それが俺たちの戦争の正体なんだ!」
「同盟のお題目はもうたくさんだ!」
涙を零すレド。

友軍機からの信号をキャッチ。
「クーゲル中佐…」
こんなところにお仲間が。
レドのように宇宙から飛ばされてきた機体がまだいたのか。
次回から面白くなりそう。

posted by 松風久遠 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(2) | 翠星のガルガンティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

トロッタ

今コマーシャルで盛んに流れている清涼飲料水。
着ぐるみの男が鮮やかなハンドルさばきで縦列駐車をし、華麗な身のこなしで車から横っ飛びでおりて、涙の美女のもとにやってくると、頭の上にのせたトロッタを隠した布で涙を拭いてやるってやつ。
着ぐるみの頭を取ったら東幹久だったっていうアレです。
とろける炭酸トロッタスパークリング。特濃ホワイト。
それを飲んでみたのですが、確かにとろんと濃厚な味がして、その後に炭酸がやって来るみたいな。
あんまり一体感がないなぁ、味が分離してるなぁというのが感想。
二度目は飲まないかなぁ……



posted by 松風久遠 at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。